2018年04月30日

何歳まで生きるつもりなのか

健康ブームといわれております。テレビの健康番組は視聴率が
高く、バラエティーとドッキングしたスタイルも人気の要因なのか
もしれません。

また、健康雑誌や単行本の売れ行きもまあまあらしく、中には怪
しげなものまでが売れている要ですね。



昔、ある番組で、司会者が身体にいい食品を勧めると、スーパー
の棚が空になるほど売れたという。

ポリフェノール神話のようなものもできましたよね。



しかし、よく考えてみましょう。

私は何歳まで生きるつもりなのか、と。



たとえば、反対に身体に悪いというものがあります。例としては
タバコですね。

タバコを毎日ひと箱20本吸う人とまったく吸わない人との寿命の
差はどれくらいなのでしょうか。

ハッキリとしたデータはありませんし、寿命なんていうものはそれ
以外の要因に負うところもあります。嫌な上司から毎日パワハラ
を受けていたりすれば、身体にいいものを食べ続けていたところ
で長生きはできないでしょう。



人生80年。

それを85年に延長させたとて、延長させることに意味はありませ
ん。その最後の5年間がすばらしいものでない限り、老いた悲しさ
を実感させられるだけではないでしょうか。

食べ物なんかじゃ人生そのものを左右できませんね。

悔いのないすばらしい生き方こそが、生まれてきたことの意味で
はないでしょうか。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 22:35| Comment(2) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする