2018年05月07日

厳しい船出

民進党と希望の党が合併した国民民主党が正式に発足しました。

しかし、同党に賛同して集まったのは、衆参合わせて62人だけ。

およそ4割の国会議員が参加を見送ったのです。



ただ、民主党政権時代を経験したベテランさんたちが参加を見送っ
たことで、何か新鮮なものを感じないでもありません。

それに、旧民主党がさらに分裂した感があるので、政権交代には
程遠いものになりました。

つまり、民進党も希望の党も存続していることになるのです。



まあ、これほどに分裂したってことは、政権時代がいかに寄せ集め
の人数合わせだったのかってことでもあるのですが、今回の合併
でも小沢一郎氏の姿が見え隠れしているとの指摘がありますね。

しかし、こういうときに解散総選挙をやられますと、自民の一人勝ち
が確定してしまいます。

6月解散説が、にわかに現実味を帯びてきました。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 23:18| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする