2018年05月16日

閣僚級会談の中止

北朝鮮から韓国にむけて、閣僚級会談の中止が言い渡されました。

当然、6月12日にシンガポールで予定されている米朝首脳会談も
中止になるのは必然です。



中止にした理由として、北朝鮮側は、14日から始まった米韓合同
軍事演習を徴発とみなしたからだと述べております。

ならば、米朝首脳会談も中止とみるべきでしょう。やはり、ただの
時間稼ぎでしかなかったのです。



北朝鮮は核とミサイルの廃棄の見返りに体制の維持を条件にして
いるようですが、北がいう体制の維持などできるわけがないのです。

たとえば、韓国との融和が実現したとすると、韓流ドラマやKポップ
などが入ってきまして、これまで伝えられていた韓国の様子がすべ
て嘘だったとバレたなら、暴動が起きてしまうでしょう。

つまり、北朝鮮の韓国に対する最近の融和モードは見せ掛けでし
かないわけです。

また、北主導による統一も、南側の国民には耐えられないでしょう
から、北の体制維持とは、韓国を抹殺する以外に実現しないもの
なのです。



ですので、核とミサイルを破棄させるには、体制の転覆か軍事制裁
しかありません。

ポンペオ国務大臣が平壌へ赴いたのは、降伏勧告に等しい交渉
だったと思われます。

もちろん、北は最終的に拒否するでしょう。

ムードに惑わされず、見守る姿勢を堅持しませんとね日本も災厄
に巻き込まれかねませんよ。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



posted by 子竜 螢 at 23:18| Comment(2) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。