2018年05月22日

危険タックル問題

午後からずっと、日大アメフト選手の記者会見を見ておりました。

もう監督やコーチの話は信用できなくなりましたね。単なる認識
のカイリだったのならば、なぜ危険行為をその場で注意しなかっ
たのかという疑問が残るからです。



相手の身体に接触するコンタクト系のスポーツでは、往々にして
相手選手を潰しに行く危険プレイが発生いたします。

しかし、今回の場合は大学チームの試合であり、教育の一環な
のですから、卑怯な真似をしてまで勝ちに行くことを学生たちに
教えるべきではないでしょう。



それにしても、顔と名前を出してまでの謝罪会見に臨む潔さは、
誰かさんにも見習ってほしいものですね。

また、一連の日大側の対応にもスッキリしないものが残っており
ます。なぜ被害選手への謝罪を止めたのでしょうね。

そして、今なおアメフト部からの事情聴取がないままだといいま
すから、何を考えているのかサッパリわかりません。

勇気を奮って会見に臨んだ選手の未来が、明るいものであるよ
う祈りたい気持ちです。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



posted by 子竜 螢 at 21:40| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。