2018年05月23日

監督とコーチの会見

やっぱりといいますか、予想どおりといいますか、元監督とコーチ
の会見では、前日の選手の会見とは対照的に爽やかさなど゜微塵
も感じられませんでした。

なにより、言った言わないという点で、発言のブレが生じていまし
たからね。言っておりません、が、言ったかどうか覚えていません、
などと変化をしたのには驚きました。



とにかく、最終的には一人の選手にすべての罪を負わせるという
形にしたいようでして、指導者としての資質に欠けることから辞任
は当然としても、それで責任を取ったことにはなりますまい。

なにしろ、被害者選手側からは警察に被害届が提出されている
のですから、対応が安易過ぎて話にならないでしょう。



スポーツはルールの範囲でやるべきもの。同じ反則でも、相手に
ケガをさせる目的の反則は、もはや犯罪なのです。

被害者選手は怪我も治って練習に復帰したといいますので、本当
の大事にならなくてよかったと思います。

それにしても、選手が個人的な会見を開いたからといって、翌日
というタイミングでは、いかにも選手の主張への反論と捉えるしか
ないでしょうね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 23:57| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする