2018年06月09日

少子化の原因

少子化になっている原因として、子育てに必要な経済力という以前
に、男女の出会いそのものが少なかったり、学歴の重視から晩婚化
しているのが理由だといわれております。

しかし、本当にそれらが根本原因かといえば、違うように感じます。



根本的な少子化の原因は、首都圏への人口集中でしょう。

地方から首都圏の大学へ進み、そのまま就職して戻らない若者が
多く、地方では男女の出会う機会が極端に減っています。

また、一極集中している首都圏では、大卒で就職して、早く認められ
ようと頑張るうちに、すぐに30歳を迎えてしまいます。



早く地方分権を実施したり、首都機能の分散や権限の委譲などに
着手しませんと、晩婚化は止まりません。

地方では物価が安いし家賃も安い。結婚して子育てする環境として
は首都圏よりも優れています。

何がなんでも本社を東京に、というのではなくて、地方発進の企業
は本社を地元へ戻してはどうでしょうかね。

通信技術と交通手段が発達している今、なぜ首都圏に人口が集中
したままなのでしょうか。理解できませんね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



posted by 子竜 螢 at 23:49| Comment(0) | 社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月08日

雇用が改善したのにマイナス成長

大変に奇妙な話なのですが、就業者が140万人も増えたという統計
がありながらも、その一方でGDPがマイナス成長になったという。

なぜ、と言いたくなりますよね。就業者が増えた分だけの給与所得
を単純に合計しただけでも、成長していなければならないはずなの
です。



考えられる原因のひとつに、個人消費が落ち込んだことが上げられ
ます。合計給与の伸び以上に消費が落ち込んだということです。

なぜ消費が落ち込んだかといえば、ジワジワと値上がりしている社
会保障の保険料だとか、原油高によるガソリンの値上がりなどで、
ドライブ旅行が減ったと考えられます。

そして、不景気感が漂ってきたからこそ、高齢者や専業主婦だった
人までもが働きに出たのではないでしょうか。



ともかく、就労者数が増えながらもマイナス成長になっているという
のは、経済にとって由々しき事態です。

早く消費再増税のストップを打ち出して、具体的な景気対策をやり
ませんと、モリカケだけに国会が終始している間にとんでもないこ
とになっていたわけですし、今後の展望にも期待が持てません。

後年、モリカケに終始していた期間は、失われた何年、と評価され
そうですよ。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 23:24| Comment(0) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月07日

通貨スワップ再び

5年前に打ち切りとなった韓国との通貨スワップですが、最近、韓国
側から再開の打診が来ているという。

5年前の期限切れの直前に日本側から延長の打診をした際には、
プライド高く打ち切りを通告してきたのは韓国側でした。



近年、経済成長率3パーセントを維持している韓国ですが、富の90
パーセント近くが5大財閥と関連企業に集中しているために、国民
は景気の良さを実感できない状態だといわれております。

失業率も高く、新卒の就業率とて8割前後だといいますから、実質
には経済破綻をしているも同然でしょう。

なので、輸入代金の決済に外貨が不足するのは目に見えておりま
して、中国から袖にされたので日本へ泣きつこうとの魂胆です。



しかし、戦後保証の合意をしても守ってくれない韓国に、ほぼ一方
的な融通でしかない韓国との通貨スワップは危険極まりない協定
でしょう。

日韓合意で支出した10億円すら返してくれない韓国に、日本はこ
れ以上騙されてはなりません。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 12:23| Comment(0) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月06日

当選金詐欺

昨日お伝えしました支援金詐欺に続いて、本日は当選金詐欺につ
いてお知らせます。

ある日突然に、おめでとうございます500万円の懸賞に当選なさい
ました、というメールを送ってくる詐欺のことです。



もちろん、本当にくれると思う人はいないですよね。

この案件も支援金詐欺と同様に、詳しい話はメールではなく、と有
料サイトへ誘導するのが目的なのです。

ところが、、、

本当に500万円もらえるものと信じて裁判を起こした実例が、じつ
は一件だけあったのです。



法律によれば、メールで500万円を贈与する意思と受け取る意思
を互いに確認したからには、一方的にキャンセルできないことに
なっております。

ただ、メールが確約をした文書にあたるのかどうか微妙ですので
ついには和解となりまして、100万円で手を打ったそうです。

これは、実態のある会社だから訴訟が可能だったわけでして、支
援金詐欺のように、支援者が実在しないと訴えられません。



詐欺ではないにせよ、類似の表現で高額塾へ誘おうとするメール
は絶えませんね。

日給30万円を稼いでいる方法をすべて無料で公開。

などと言いながら、巧みに高額な塾へ入会させるのが目的なので
すが、こういう案件に訴訟を起こして無料にしろと迫っても無意味
です。

なぜなら、本当に日給30万円どころか1円も稼げない方法だった
なんてことはザラですからね。無料でもいらないでしょう。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



posted by 子竜 螢 at 13:24| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月05日

支援金詐欺

オレオレ詐欺ばかりでなく、世の中が便利になってきてからは、
いろんな種類の詐欺が横行するようになってきました。

そのひとつに、支援金詐欺というものがあります。



たまに、こういうメールが来ます。

シンガポール在住の未亡人なのですが、夫の遺産を引き継い
だものの、私も医師から余命宣告を受けてしまいました。

こんな調子で始まり、もっともらしく続きます。

さりとて、残していく子孫などおりませんので、世の中の人たち
に役立てていただこうと、あなた様には8億円を譲渡しようと考
えました。

うーん、800万円なら現実的なのですが、さすがに8億円ともな
りますと、怪しさプンプンですよね。



これがなぜ詐欺なのかといいますと、この後の受け取り手順が
詐欺サイトへ誘導するものだからです。

メールに受け取りたいと返事をしたとしましょう。

次に、簡単な挨拶を交わすメールのやり取りの後、あるサイトを
経由したメッセージにて、と誘われます。

そのサイトはチャットなので返事が即座に来ていいのですが、じ
つはとんでもない高額な利用料を請求されます。

そして、8億円を譲渡するでもなくしないでもなく、といった会話
が続きますので、利用料がすぐに数百万円になってしまいます。



この時点で気付いたとすると、もはや手遅れですね。

クレジットカードから自動的に毎月引き落とされますし、利用し
た履歴が残っていますから、チャットサイトそのものを詐欺には
できません。払うしかないのです。

まあ、クレジットカードの限度額が訪れた時点でアウト。

8億円の譲渡支援を受けた人など絶対にいないでしょう。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 22:06| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月04日

財務省の不祥事と消費増税

財務省がついに佐川氏にわる改ざん支持を認めて、これまで
否定を続けていた麻生大臣が1年分の給与を返納することに
なりました。

この影響は10パーセントへの消費増税にも及ぶのではないか
と期待したいところではありますが、まだ不透明な段階です。



マレーシアでは、景気浮揚を優先するために、消費税を撤廃
する動きにあるそうですね。

いや、大英断だと思いますよ。

景気浮揚にともなう税収の自然増が理想だと、ちゃんと理解
している政治家が日本にはいませんね。

増税に反対をするだけでして、消費税そのものを撤廃しよう
という野党すらもありません。



そもそも、現状の福祉を将来にわたつて維持するには、消費
増税が不可欠という論拠がおかしいのです。

これまで、増税した分だけ事業税が減税されていますし、無駄
を省いて身を切る約束だったのに、国会議員の数は減ってお
りません。

また、増税したごとに景気が沈滞してきたのはデータでも明ら
かなのに、同じ失敗を何度も繰り返すつもりのようです。



旧民主党系列の野党がもっとも国民の支持を失った理由とし
て、菅直人氏が消費増税を言い出したこと。そして、野田氏が
三党合意などをして、無責任にも解散で政権を放り出してし
まったことにあるのです。

高福祉の維持のためには増税が必要だなんて、まだ信じてい
る人がいるのでしょうね。

政治家や役人の不正と、無駄を省かない限り、いくら増税して
も同じことだと理解していただきたいと思います。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 22:33| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月03日

月と木星とが接近

とはいっても見かけ上の接近なのですが、ほぼ満月に近い月の
すぐ下に木星が位置するのは、明け方に近い頃。

それまで月の左斜め下には赤い星が見えますが、それはサソリ
座のアンタレスです。



天体ショーというほど珍しい現象ではありません。

しかし、日に日に接近する時刻が遅くなっておりまして、天体の
運航の不思議さといいますか神秘さを堪能できます。



近年では夜間でも明るくなっていますから、とくに天の川銀河を
肉眼で観察することが難しくなってきました。

でも、山間部などへ行きますと、神々しいほどの星の群れが見
えます。

なんだか、核兵器だとかミサイルだとか、宇宙の大きさを実感し
ますと、人間の所業の愚かさを痛感いたしますね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 23:28| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月02日

北の体制保証は不可能

どうやら、6月12日には米朝首脳会談が開催されるようですね。


トランプ大統領の中止発言に慌てた北朝鮮側が、高官をホワイト
ハウスへ派遣しまして、どうにか開催だけは実現するようです。



しかし、核とミサイルの破棄に対する条件として、必ず体制保証
の話が出てくるだろうと思います。

でも、体制というのは国内問題なのですから、アメリカや中国が
保証できるものではありません。

これまで、非人道的な政治を行なってきたツケがどこかで爆発す
るのは目に見えていますから、暴動やクーデターなどの革命には
他国がどうこうできることではないのです。



そういう無理難題を核廃棄の条件にしてくるようなら、本気で破棄
するつもりがないと見るべきでしょう。

国際社会は、北朝鮮に何度も騙されてはなりません。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:米朝首脳会談
posted by 子竜 螢 at 22:28| Comment(0) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月01日

高プロ制度と竹中平蔵氏

竹中平蔵という人物がいます。小泉内閣時代に、派遣社員の範囲
を製造業にまで広げるよう推進した人物です。

高度プロフェッショナル制度があまりにブラックなので、おかしいと
調べていたなら、やっぱり彼が影の推進者でした。NHKの特集番組
に顔を出していましたね。



この人物の考え方に賛同できない理由は、第一に、日本全体の経
済発展が最優先であって、個々の労働者がその中で過労死しよう
が自殺しようが関係ないかのような政策を平然と掲げるところです。

貧富の差の拡大も念頭にはありません。



GDPで世界の十位くらいまで落ちたって、国民全員がそこそこ豊か
であればいいと思うのですよ。

たとえば、北欧諸国などでは、もっと順位が低くとも、高福祉政策に
よって国民の満足度は日本よりも高いのです。

「二番じゃダメなのですか」という事業仕訳けの名言がありましたが、
当時、民主党バッシングが起き始めていた頃でしたので、多くの人
が曲解してしまいました。

しかし、今になって冷静に考えてみますと、どの分野であれ、一番を
目指しているのは当然でして、だからといって巨額の予算をすべてに
振り分けるのは不可能なのです。

むしろ、二番でも三番でもいいから、安定して上位に留まれるような
政策こそが望ましいとは思いませんか。



なので、無理に移民を受け入れたり、労働基準法では禁止されてい
た働き方を合法化する必要はありません。

トヨタでなくとも、日産やホンダでも構わないし、世界に胸を張れる一
流企業であることに変わりはないのです。

順位にのみこだわって本質を見失っている。

高度プロフェッショナル制度は、そのように感じます。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 14:05| Comment(0) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。