2018年06月03日

月と木星とが接近

とはいっても見かけ上の接近なのですが、ほぼ満月に近い月の
すぐ下に木星が位置するのは、明け方に近い頃。

それまで月の左斜め下には赤い星が見えますが、それはサソリ
座のアンタレスです。



天体ショーというほど珍しい現象ではありません。

しかし、日に日に接近する時刻が遅くなっておりまして、天体の
運航の不思議さといいますか神秘さを堪能できます。



近年では夜間でも明るくなっていますから、とくに天の川銀河を
肉眼で観察することが難しくなってきました。

でも、山間部などへ行きますと、神々しいほどの星の群れが見
えます。

なんだか、核兵器だとかミサイルだとか、宇宙の大きさを実感し
ますと、人間の所業の愚かさを痛感いたしますね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 23:28| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする