2018年06月05日

支援金詐欺

オレオレ詐欺ばかりでなく、世の中が便利になってきてからは、
いろんな種類の詐欺が横行するようになってきました。

そのひとつに、支援金詐欺というものがあります。



たまに、こういうメールが来ます。

シンガポール在住の未亡人なのですが、夫の遺産を引き継い
だものの、私も医師から余命宣告を受けてしまいました。

こんな調子で始まり、もっともらしく続きます。

さりとて、残していく子孫などおりませんので、世の中の人たち
に役立てていただこうと、あなた様には8億円を譲渡しようと考
えました。

うーん、800万円なら現実的なのですが、さすがに8億円ともな
りますと、怪しさプンプンですよね。



これがなぜ詐欺なのかといいますと、この後の受け取り手順が
詐欺サイトへ誘導するものだからです。

メールに受け取りたいと返事をしたとしましょう。

次に、簡単な挨拶を交わすメールのやり取りの後、あるサイトを
経由したメッセージにて、と誘われます。

そのサイトはチャットなので返事が即座に来ていいのですが、じ
つはとんでもない高額な利用料を請求されます。

そして、8億円を譲渡するでもなくしないでもなく、といった会話
が続きますので、利用料がすぐに数百万円になってしまいます。



この時点で気付いたとすると、もはや手遅れですね。

クレジットカードから自動的に毎月引き落とされますし、利用し
た履歴が残っていますから、チャットサイトそのものを詐欺には
できません。払うしかないのです。

まあ、クレジットカードの限度額が訪れた時点でアウト。

8億円の譲渡支援を受けた人など絶対にいないでしょう。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



posted by 子竜 螢 at 22:06| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。