2018年06月12日

会談後の記者会見

やっぱりか、と思ったのは子竜だけではなかったでしょうね。

何が飛び出すのかとサプライズを期待していたのですが、米朝
首脳会談の実現は歴史的なことだっただけに、やや拍子抜けの
感じがします。



まあ、基本的な路線で合意したのですからいいとしても、強硬な
姿勢がみられなかったことで、トランプ大統領への失望感を感じ
ました。

とはいえ、トップ同士が話し合って決めたことですから、これまで
のように北朝鮮側が約束を破ることは許されません。

いや、そういうニュアンスで会談に臨んだのでしょう。



ただ、会談後の記者会見にトランプ大統領しかいなかったのには
物足りなさを感じます。なぜ共同記者会見にできなかったのです
かね。

世界中の人が見ている前で、あらためて核廃棄を宣言させるこ
とこそが重要だったはずなのです。



それと、

核の廃絶費用を韓国と日本に負担させようという話には、納得
できませんでした。

安倍総理は会談の当事者でもないし、核開発は国連決議を無視
して勝手に進めてきたものなのです。日本が費用負担するいわれ
はありません。

日本が支援に乗り出すのは、あくまでも拉致問題の解決後です。

トランプ大統領へ、そういう日本の姿勢が伝わっていなかったこと
は、まことに残念な話でした。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 20:09| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする