2018年06月26日

消費税は関税と同じ

来年10月に予定されている10パーセントへの消費増税ですが、ここ
に来て、政府与党内から慎重意見が出てきました。

その原因は、アメリカが中国に課そうとしている大幅な関税でして、
中国経済の悪化が日本にもたらす影響を読みきれないからだとい
います。



消費税というものは、日本へ輸出している国からみますと関税と同
じなのです。

国内産にも課税されるから競争という点では同じでも、全体的な価
格のアップによって、需要そのものが落ち込みます。

たとえば、

どこかの国が高福祉を謳って消費税を50パーセントにするとします。

日本の自動車や家電が、今までとおなじだけ売れると思いますか。

需要は当然落ち込みますし、売れたとしてもグレードダウンした商
品になるでしょう。

国内産と輸入品との競争に影響はありませんが、売れ行き全体が
落ち込んでしまっては、輸出国にとって関税が課せられるのと同じ
意味になってしまうのです。



日本は貿易立国なのですから、関税に等しい消費税は廃止しなけ
ればなりません。

また、輸出先の国に対しても、付加価値税の廃止を率先して行なう
べきなのです。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 21:39| Comment(2) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする