2018年06月29日

パス回しを批判するのはおかしい

ワールドカップの日本対ポーランドの試合で、試合終了間際のパス
回しが批判を受けているようですね。

一点負けていても決勝トーナメントへ進出できる状況になったから
採用された戦術なのですが、批判する人は大事なことを見落として
いるのだと思います。



セネガルと日本のどちらが決勝へと進むのか。

勝ち点も得失点もおなじで、直接対決の結果も引き分けだったので、
警告数の数で下回る日本が進出を決めました。

先日の記事でもお伝えしましたが、ファウルの数が飛びぬけて多い
韓国とは対照的に、日本は参加国中でもっとも少ないのです。

これまでワールドカップで戦った19試合の中で、一人の退場者も出
ておりません。これは日本だけのことです。



かつて、高校野球で連続敬遠したことが批判されたのはあくまでも
教育の一環としてのスポーツだったからでして、ワールドカップとは
国を代表した勝負の世界です。

出場選手のほとんどはプロ選手なのですから、上位進出を狙うの
は当然なのです。



パス回しは汚い戦術ではありません。

なぜなら、フェアプレイをずっと貫いてきたからこその結果なのです。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 23:10| Comment(3) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする