2018年07月31日

シャイニングマンデー

経済産業省が推奨しているプレミアムフライデーは、月末の金曜
のため、民間会社からの反発が強いようです。

そこで考え出したのか、シャイニングマンデーというもののようで
して、月曜日の午前中を休みにして、午後出勤にしようというもの
です。



これはありがたい、と一瞬思いましたが、月曜の午前中というの
は一週間の始まりですので、スロースタートにしますと、段取りな
どがうまくいかないかもしれません。

いや、公務員さんの考えは、総じて民間では受け入れがたいもの
でして、多様な企業形態がある以上、多くは大きなお世話といった
ところでしょう。



それにしても、給与がさぼど上がっていないのに、国民にお金を
使わせようとしている考え方って、どうなのでしょうね。

働きすぎを心配してのことならいいのですが、それなら経済産業
省できなくて厚生労働省が提案すべき事案ではないでしょうか。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 02:10| Comment(2) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月30日

パチンコを合法化せよ

カジノ論議にパチンコの論議が不可欠なのは、ギャンブル依存症
対策がIR法案の中に盛り込まれているためです。

そして、遊戯といいながらも実質的なギャンブルですので、いつま
でも放置するわけにはいかないでしょう。



警察の利権が強くて、という話はよく耳にします。景品を買い取り
するには古物商の免許が必要でして、それを発行しているのが
警察機構だからですよね。

ならば、

いっそのことギャンブルだと認める法律を作り、監督官庁を警察庁
にすればいい。民営のギャンブルを認める法律が、すでにIR法と
して存在しているのです。

さらには、入場税と換金の際のみなし所得税もしっかり徴収すれば
いいのです。19兆円といわれる産業ですから、1割徴収でも消費税
の1パーセント弱に相当しますからね。



パチンコを全面的に禁止するのは現実的ではないとするなら、逆に
認めてしまうしかありますまい。

ただし、認可を受ける業者は、敵対国に送金していないことが資格
になるようにしていただきたいものです。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 22:48| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月29日

カジノ論議は正しくない

通常国会が終わりましたが、今国会で成立した法案の最大注目
株は、IR法案でしょうね。

カジノを含む統合リゾートに関する法律です。



野党は一貫してカジノ法案と言っておりましたが、カジノを作るだ
けの法案ではありません。

とはいえ、原則賭博が禁止されているからこそ、カジノを含むもの
には新たな法が必要なわけでして、リゾートだけなら現有法でも
足りております。



カジノが実際に完成するのは2025年とみられておりますが、海外
のカジノ業者は早くもアプローチを開始しているようです。

また、日本のどこに作るのかに関しても、自治体ごとの綱引きが
これから活発化しそうです。



法案で消化不良ぎみだったのは、ギャンブル依存症への対策で
したが、パチンコが津々浦々に広まっている日本では、カジノごと
きが一軒や二軒増えたところで大差はありません。

そこで、今後はパチンコに関する対策が政治課題として浮上する
かもしれませんね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 23:14| Comment(0) | ギャンブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月28日

台風12号

台風12号が東海地方に上陸したようです。強い台風ですので、
通貨後にも警戒が必要だとか。

すでに強い雨や風の地域がありまして、明後日にかけて、外出
時などにはとくに気をつけましょう。



今回の台風は、観測史上初の動きをしております。日本列島を
東から西へと縦断する動きです。

このため、西日本豪雨の被災地にも差し掛かりますので、地盤
が緩くなっている山の斜面などには近寄らないようにしましょう。

また、台風が過ぎ去った後も強い風が残るということですので、
油断は禁物ですね。



台風が7月に上陸したというのも珍しい記録でしょうか。60年以
上生きておりますが、記憶にありません。

猛暑もそうですが、地球全体の気候が何かおかしくなっている
のでしょう。

もちろん、温暖化も含めた何かが影響しているのだと思います。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 22:00| Comment(0) | 災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月27日

サマータイム

こうも暑い日がつづきますと、日本でもサマータイムを実施した
ほうがいいのではないかと思いませんか。

しかも、欧米のような一時間早めるなんて程度ではなくて、昼
と夜を逆転させるくらいにしたほうが、グローバルという意味で
も都合がいいでしょう。



とくに外仕事の人たちは、太陽が照りつける中での作業には
とんでもなく体力を消耗します。

また、昼間のオフィスでも、夜間の仕事ならエアコンの電気代
はかなり節約できるでしょう。

しかも、アメリカなどの時間と同じにすれば、グローバル企業
にとって最適な営業時間となります。



もちろん、不都合だって出てくるでしょう。

でも、本当の働き方改革というのは、もっとも快適な環境で働く
ことではないでしょうか。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 23:18| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月26日

火星に塩水湖があった

科学雑誌のサイエンスによりますと、火星の極環の下には大量
の塩水をたたえる湖の存在が発見されたという。

高濃度の塩水のために、凍らないで液体になっているとのこと
でして、生命の存在が可能性を帯びてきました。



今回はレーダー波による観測の結果で、南極とグリーンランドの
氷河の下にある湖と、同じ反応を示したといいます。

湖の形は丸みがかった三角形で、水温の推定はマイナス10度く
らいと見られています。

地球では、そういう環境の北極海でも生物は存在していますし、
火星のあちこちには、液体の水が存在していた証拠が数多く発見
されておりましたから、発見の信憑性はかなり高いでしょうね。



火星の生物といえばタコに似たものを思い浮かべてしまいますが、
本当にタコに似た生物がいるかもしれません。

生きているうちに地球外生命と出会えたなら、と思います。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 23:58| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月25日

自民総裁選の行方

通常国会が終了しまして、政治の焦点は自民党の総裁選挙に
絞られてまいりました。

しかし、安倍三選は規定路線のようでして、野党が二年もかけ
て叫んできた安倍降ろしは不発に終わりそうです。



対抗馬と目されていた岸田文雄氏は、早々と不出馬を表明。

野田聖子氏は20名の推薦人を獲得できるか否かが危うい状
況でして、石破茂氏との一騎打ちになりそうですね。

しかし、地方党員には任期の石破氏も国会議員からの人気は
今ひとつのようでして、前回同様に苦戦しそうです。



とはいえ、日本が戦争に巻き込まれるような事態になったなら、
石破氏を総理に押し上げようという動きにはなるでしょうね。

やはり有事には、軍事の専門化がトップじゃないと安心できま
せんからね。

まあ、何事も起きないのが理想ですが、米朝会談が決裂して
いたなら、石破総理という目があったかもしれません。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 23:49| Comment(0) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月24日

夏休みの宿題代行業

夏休みですね。暑いですね。そんな中でも、子供たちには宿題
というものがありまして、元気に遊ぶだけというわけにはいかな
いようです。

まあ、中には意味のない宿題もありまして、その代表的なもの
が読書感想文でしょう。



かなり前から、夏休みの宿題を代行してくれるビジネスが出現
しておりますね。

夏休みの終わりごろに親が大変な思いをして宿題に取り組む
ことから、成り立っているのではないかと思います。



しかし、子供が自分でやらないで、何の意味があるというので
しょうかね。

やらなかったなら、先生に叱られればいいのです。叱られない
よう親が気を回すのは本末転倒でして、ノルマ達成を子供自身
が喜びとして感じなくてはなりません。



ちなみに、読書感想文が意味のない宿題だと申します理由は、
感想文ではなくて感動文を書くよう強要されているからです。

「走れメロス」で、わざわざ殺されるために走るのって、架空の
美談としては成立しても現実的な選択ではありません。

とくに現代の子供たちに、メロスの行動を理解して感動しなさ
いよっていうのは、無理じゃないですかね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 23:19| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月23日

熱中症予防は朝一杯の味噌汁

栄養学の常識にとらわれておりますと、こういう猛暑の中では
危険が増します。

こんなに暑くて隊内からナトリウムと水分が失われているのに、
塩分の摂取制限をすることに意味があるのでしょうか。



熱中症になる子供さんの食生活の傾向は、朝のパン食です。

いや、朝食を摂らないことすらあるようでして、和食派の人は
昔から熱中症にはなりにくかったといいます。

その証拠に、今のお年寄りたちが若い頃に戸外で労働してい
ても、熱中症になった経験はほとんどないはずなのです。

その違いは、朝の一杯の味噌汁でしょう。

減塩メニューにとらわれていますと、猛暑は乗り切れません。



医学書を読みますと、人間の身体は塩分が9パーセントに保
たれるよう水分が調節されているようでして、塩分を普段より
多く摂取すれば、隊内に水分を保持しようとするわけです。

これは浸透圧と呼ばれたりしていますから、ご存じかもしれま
せんが、汗を出して身体を冷やすシステムが働くときには、出
る水分に応じて塩分も排出されるのは、9パーセントを保とう
としているからなのです。

つまり、9パーセント以上になるよう朝に味噌汁を飲んでおけ
ば、他の人よりも水分保持量が多いので熱中症にはなりにく
いわけです。



スポーツドリンクもいいのですが、塩分量が9パーセントありま
せんから、常に飲み続けなくてはなりません。

それよりも、昔ながらの味噌汁一杯でしょうね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 19:05| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月22日

学校にエアコンをくまなく導入したなら

猛暑が続いておりますね。あと二週間は続くらしくて、そろそうんざり
してきました。

熱中症のニュースも頻繁に報道されておりまして、学校にエアコンを
普及させなくてはならないという意見が多く見られます。



費用の面はともかくとして、教室すべてと体育館にエアコンを設置す
るとなりますと、もの凄い数になりますし、すべてが業務用のもので
なくては間に合いません。

いや、それも横へ置いておくとしてですが、エアコンを導入するなら、
夏休みという長期休暇が必要なくなってしまいます。

実際に、長野県の小学校では、夏休みはお盆まででして、冬休みが
やや長いのです。



とはいえ、体育館にだけはエアコンを導入すべきだと思います。

その理由は、災害時の避難場所になるケースが多いのですから、蒸
し風呂のような状態でも冷凍庫の中みたいでもダメなのです。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 23:18| Comment(0) | 教育 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月21日

北朝鮮人権法

アメリカには北朝鮮人権法というものがありまして、北朝鮮の人権
無視に対する制裁を課す法律です。

制裁の期限が迫っていたので上下院がすでに審議を終えて、延長
する方向にありました。

そして、トランプ大統領が同法案の成立にサインをしたというのです。



これは、先ごろからの融和ムードに反するものでして、やはり核のこ
とと人権のこととは別問題だと捉えているのでしょう。

しかし、金正恩氏にとっては死活問題です。人権を抑制してきたから
こそ独裁王国を維持できているわけですし、核を廃棄しても経済制裁
が解除されないことを知ってしまったわけです。



延長は2020年までとのことですが、当然ながら、それまでに改善され
る動きがなかったなら、再延長されるのは目に見えております。

やはり、体制の保証などはできない話ですよね。最終的には、戦争
かもしれません。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 23:54| Comment(0) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月20日

スポーツ熱中症

暑いですね。40度を記録した都市があったとか。

こんな暑さの中でも、とくに運動部の部活や大会が実施されて
いるというのは、教室にエアコンを導入しても解決はしません。



昔は幹線道路以外は砂利道でしたし、コンクリートのビルだっ
て数が少なかった。

現代は、裏道まで舗装されたあげく、エアコンの普及によって
室外機から排出される暑い空気の集合体がヒートアイランド
現象を引き起こしております。

無風のときには40度にもなろうかという中で、部活中に熱中症
になる学生が後を絶ちません。

なのに、高校野球とオリンピックの真夏開催が、本当にそれで
いいのだろうかと思ってしまいます。

いや、室内競技だって、風の影響があってはならないバレー
ボール・バドミントン・卓球などは、締め切ってエアコンも稼働
させない体育館の中で行なわれます。



炎天下でグランド何周などと体罰に近い指示をした顧問への
批判記事を載せていた新聞社でも、野球の全国大会開催を
見直すつもりはないらしい。

死人が出ないと見直さない、というのは、日本人の悪い部分
だろうと思います。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 13:01| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月19日

君が代不起立最高裁判断

東京都の元教員が都に対して賠償を求めていた裁判で、不起立
を理由とした再雇用の拒否は雇用者側の裁量範囲だとして、元
教員の敗訴判決を下しました。

一審と二審はともに都に賠償責任があるという判断だったのです
が、逆転敗訴となったわけです。



この判決は当然でして、教育委員間ならびに学校の規則に個人
の信条を勝手にあてはめる行為は、労働者としての立場を逸脱
しております。

仮に、社歌の歌詞が気に入らないからといって起立せず歌いも
しなかったなら、そういう社員は即クビになることでしょう。

公務員だからといって、規則よりも個人の信条を優先させてはな
のませんし、公務員だからこそ率先して規則を守り、生徒たちに
模範を示さなくてはならないのです。



これで、卒業式や入学式での君が代問題は決着しました。以後、
不起立も詠唱拒否も許されません。

とはいえ、こんな基本的なことを裁判で争わねばならないとは、
教員の質も落ちたものですね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 20:08| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月18日

習近平氏失権の噂

このところ、中国の習近平氏について、中国国内では失権したの
ではないかとの噂が広がっております。

噂は主にSNSで拡散されたものなのですが、国内メディアの中に
は、これまでになく激しい政権批判の記事が出てきたり、氏を呼び
捨てにしているメディアもあって、何かが起きているのは間違いな
いでしょう。



習近平国家首席は、任期を撤廃して独裁型へと移行したのです
が、それだけに政敵からすれば我慢ならない対象ともいえます。

そして、子供の教育に採り入れようとしていた習氏への個人崇拝
が、反発に拍車をかけたのではないでしょうか。

北京市内で夜間に銃声が聞こえたという投稿もあります。それで
なくとも、習氏は過去に五回も暗殺されかかったのですから、何
も起きないほうが不思議なのです。



習氏の権力基盤のもろさは、アメリカから突きつけられた関税戦
争で露呈いたしました。

すなわち、効果的な報復措置が取れぬのは、財界などとのコネ
がほとんどないからでして、むしろ、被害を受ける財界人たちから
批判が集中しております。

また、AIIBも一帯一路政策も関係各国からの反発が表面化して、
思うような成果を上げておりません。



近いうちに、親日的なトップにと入れ替わってくれたなら、いいの
ですがね。

いや、それよりも民主化をしてくれたなら、自然と距離は縮まるか
と思います。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 23:11| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月17日

一帯一路は債務トラップ外交

中国が中心となって始めたAIIBは、融資先の事業に中国人労働
者を派遣するだけの、借り入れ国にとっては何のメリットもない金
融です。

そして、最近はじめた一帯一路政策は、とても返済しきれない金
額を融資しておいて、返済不能とわかるや、その案件を借りると
いう名目で支配しようとしています。



スリランカがコロンボ港の整備に着手したのは、一帯一路政策に
乗ったからでした。

しかし、8000億円という巨額な借り入れは返済に400年も必要で、
中国が99年という長い期間の租借件を代わりに手に入れたので
す。

つまり、インド海軍やアメリカの第七艦隊に対抗するための根拠
地を、わずか8000億円で手に入れたのですから、租借とはいえ、
安いものでしょう。



こういう例はラオスやキルギスにもあって、ヨーロッパ諸国はこぞ
って批判を強めております。

そういう動きは、AIIBに賛同して出仕している国も含まれており、
あらためて中国の金融トラップ政策の恐ろしさを認識したようです。



しかし、アメリカや日本でも、負債トラップを肩代わりしてあげるだ
けの余力がありません。

なので、今のところは騙され続ける途上国が増えるばかりです。



とはいえ、かつて中国から経済支援を受けていたアフリカ諸国で
は、中国への批判が強まりつつあります。

なぜなら、経済支援の使い道として行なわれる公共事業に地元
の国民は雇ってもらえず、中国人労働者が来るからです。

これでは、アフリカ諸国の人々は、豊かにはなれません。



こうして世界的な批判が広まりつつある中国ですが、そろそろ経
済に翳りが見えてきましたので、別の意味でも要注意でしょう。

あまりに肥大化しずぎた軍事力を、ある日突然に維持できなくな
るかもしれません。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 22:57| Comment(0) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月16日

ストローの処分問題

ずっと昔に、割り箸の使い捨てが問題となりました。マイ箸を持ち
歩く人までいましたが、今度はプラスチックストローが槍玉に挙げ
られております。

ストローも使い捨てされるものの代表株ですよね。プラスチックの
ゴミとして、処分の仕方が問題となりつつあります。



スターバックスがストローを廃止すると言い出したのは、中国がそ
の手のゴミの受け入れを遠からずやめると宣言したことにあります。

しかし、よく考えてみますと、身体に障害のある人は別として、飲み
物にストローは必要不可欠なのでしょうか。

夏ですからアイスコーヒーをよく注文するのですが、ストローを使わ
ずに飲んだほうが飲み応えを感じませんか。

まあ、ミルクを混ぜるには便利ではありますが、長めのスプーンを
つけていただければ、ストローなど不用です。

ビールをストローで飲みたいとは思わないのは、やはり飲み応えが
損なわれるからでしょう。



日本では、昔は麦のストローを使っておりました。最近では紙製の
ストローもお目見えしております。

プラスチック製のストローは、そのうちに禁止されて姿を消してしま
うかもしれませんね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 22:08| Comment(0) | 自然環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月15日

NHKのネット同時配信

またまたNHKがらみでひと悶着ありそうですね。

NHKが進めようとしているネット同時配信が総務省の理解を
得られたということで、国会の総務委員会ならびに本会議で
承認されますと、実現する運びとなります。



しかし、大きな問題が発生するのは確実でして、インターネッ
トの環境があれば、すべての機器に対して受信料が課せられ
ることになるからです。

たとえば、職場のパソコンですね。

業務に使用はするけど、テレビ番組を見るために導入されて
いるわけではありますまい。

また、スマホの所持者にはもれなく課金されますから、ワンセ
グ機能がなくとも受信料契約の義務が発生してしまいます。



今すぐに放送法を改正して、真に公平な料金負担にしなくては
なりません。

すなわち、見ている人への受益者負担が当たり前でして、見な
い人にまで料金を請求する制度は、刑法の強要罪にあたりま
せんかね。

先般、契約の自由を巡って憲法判断が最高裁で下されはした
ものの、強要罪という刑法判断はまだありません。



そもそも、ラジオ放送しかなかったときの法律なのですから、
今でも適用しているところに無理があるでしょう。

なぜ本気で放送法を改正しようとする野党がいないのでしょう
かね。

選挙の際に政見放送の配信を拒否されるのがイヤだからです
かね。よくわかりません。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 15:33| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月14日

無料タクシーが実現か

世の中には凄いことを考える人がいるものですよね。なんと、
無料のタクシーを考案したといいますから、驚きです。

ノモックという、企業名といいますか団体が、無料で目的地ま
で運んでくれるタクシーを運営するため、来年の3月に実用テ
ストを福岡で行なうそうです。



無料にできるカラクリとは、客に専用モニターを視聴させ、そ
の中身が企業などのCMだというのです。

つまり、テレビの民放みたいなものでして、企業からのCM料
金によって運営されるといいます。

しかも、ドライバーさんたちの待遇も大幅に改善されることが
予測されておりまして、すでに5000万円以上のCM料金が集
まっているようです。



これが本当に実用化されますと、高齢者の運転免許返納が
加速されまして、事故件数も大幅に減少するでしょう。

公共交通手段に比べますと何倍もするタクシー料金ですの
で、無料になった場合の社会の変化は想像の範囲を超える
ことでしょう。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 23:05| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月13日

バイナリーのマニュアル作成中

ギャンブルと投資の区別には曖昧なところがありますけれど、裁量
で勝てるものは投資の部類に入ります。

一方、パチンコのように、座った台の確率でほぼ勝敗が決まってい
るものは、ギャンブルの部類だろうと思います。どの台でも勝てると
いう方法があるのであれば、投資になりますが。。。



現在、子竜はバイナリーオプションの研究をしておりまして、ほぼで
すが、必勝法にたどり着いたと感じております。

そして、その方法をマニュアル化するための作業にいそしんでおり
まして、現在奮闘中です。



FXほどの多額の資金を必要とせず、2万円もあればいいですし、わ
ずか1分で決着がつきます。

1分後に今よりもドル高なのか円高なのか当てるだけ。

バイナリーオプションはその単純さゆえに、必勝法があるのではな
いか、と3年間も研究を続けてきました。

そして、ついに見つけたのです、必勝法を。



もちろん、今に至るまでには、かなりの損失を出しましたよ。

でも、今からは増える一方でしょう。実際にやってみても、負ける要
素がみつからないのです。



世の中にはバイナリーオプションのためのツールが数多く販売さ
れておりますが、そのほとんどを試してみたものの、満足できるも
のはなかったですね。

それは当然でして、相場は生き物ですから、過去の結果に合わせ
ただけのツールでは、未来の取引には合いません。

しかし、子竜が発見した方法ですと、値動きチャートの三箇所を確
認するだけの簡便さに加えて、どんな相場環境でも大丈夫です。

最高時には勝率90%を記録しましたが、平均しますと70%です。

もちろん、倍賭けしていくマーチンゲール手法は用いません。裁量
だけの定額勝負です。



もしも興味がありましたなら、メールで予約を賜ります。

予約したからといって購入の義務はありませんし、質問も随時受け
つけております。

完成は今月末までの予定です。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 16:29| Comment(0) | バイナリーオプション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月12日

吸いどの民営化が可決される

衆議院の本会議にて、水道事業の民営化法案が可決されまし
た。危惧していたことが現実になりつつあります。

先日の記事でも述べましたように、水道の民営化で何が解決
されるのか、今ひとつ理解できません。



海外では、水道を民営化して成功した例がないのです。

たとえば、マニラ市内の水道を民営化した途端に水道料金が
一気に5倍となりまして、低所得者200人以上が衰弱死すると
いう事件が発生しております。

これは、競争相手がいない事業なのですから、料金は業者が
勝手に決めてしまうので、とんでもないことになった例です。



インフラ事業の民営化には、あの竹中平蔵氏の影がチラホラ
と見え隠れしております。

小泉内閣のときに、派遣社員の範囲を製造業にまで拡大させ
た張本人でして、格差拡大が止まらなくなってしまいました。

そのために、デフレから脱却できなくなってしまったのです。

そして、竹中氏は、ちゃっかりと人材派遣の会社役員に納まっ
ておられますから、ひょっとすると、今度は水道事業を始める
のではないですかね。



それはともかくとしても、赤字だからといって安易に民間への
転売はどうなのでしょうか。

生命生存の根幹にかかわり、競争相手がいない独占事業に
なるのですから、国会ではもっと議論すべきです。

モリカケなんかよりずっと重要なのに、麻生財務大臣が発言
してからすぐに可決とは、野党は何をしていたのでしょうか。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 23:42| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする