2018年07月11日

なぜ議員を増やすのか

一票の格差問題を解消するため、各党が知恵を絞って取り組んで
おりますが、もちろん、党利党略とは無縁ではありません。

ところが、自民党の参議院案では、なんと議席数が6も増えている
のですから、消費増税を決定した際の身を切る改革はどこへ行っ
たのでしょうかね。



参議院の不要論まで囁かれている今、議員数の増は論外です。

しかも、人口が確実に減り始めているのですから、定数減の方向
で調整するのが常識でしょう。

どのような区割りで6人増なのかまでは知りませんが、増と聞いた
だけで検討するには値いしませんよね。



それとも、参議院はボランティアでやってくれませんかね。

議会制民主主義発祥のイギリスでは、国会も地方も議員はすべ
てボランティア同然の報酬だとか。

見習うところは見習いましょうよ。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 23:55| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月10日

災害義援金サギ

西日本豪雨では200人以上が犠牲になられたとのことで、本当に
お気の毒だと思います。

豪雨が来ることはある程度わかっていたとしても、本当に避難が
必要なのかどうかは、降ってみないとわかりませんから、困ります
よね。



こういう災害が発生したとき、決まって出現するのが義援募金の
サギです。

今回の西日本豪雨でも、義援金を受け取りに自宅へお邪魔させ
てほしいという電話が何件もあったらしく、本当に被災者へ渡され
るものかどうか、疑わしい団体が数多くあるようです。

中には、大手新聞社の子会社のような団体名を名乗った例すら
あったようですから、よく調べてから募金しましょう。



まあ、確実なのは、みなさんの地元の新聞社と、テレビCMで募金
活動をしている団体ですね。

せっかくの好意をサギ師に奪われないようにしましょう。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 23:48| Comment(0) | 災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月09日

土用の丑

うなぎがほぼ絶滅危惧種となってから、庶民には高嶺の花と
なっております。

しかし、商魂たくましく、土用の丑の日に向けて、予約を促す
パンフレット類が数多く配布されていますね。



ことしの土用の丑の日は、7月20日と8月1日。

暑さにバテぎみの頃に栄養価の高いうなぎを食する習慣は
やはり江戸時代が発祥のようです。

とはいえ、当時は白焼きだったようでして、今のようなタレ焼
きになったのは明治維新後らしい。

開き方も関東と関西とでは違いまして、侍が多い関東では、
切腹をイメージさせないよう、背開きにしたといいます。



ともあれ、高額な食材には間違いありません。

コンビニの店員さんたちに販売ノルマが課せられないよう、
法規制を強化してほしいものです。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 23:52| Comment(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月08日

死刑廃止論者の間違い

オウムの死刑囚が執行されるようなことがある度に、なぜか死刑廃止
論が浮上してます。

冤罪の可能性が少しもない事件だったのに、なぜ死刑廃止論が述べ
られるのでしょうかね。不思議です。



冤罪の可能性を抜きにしますと、死刑は残虐だからという理由ですね。

しかし、他人を殺せば死刑になる、ということなんて子供でも知ってい
るのですから、それでもあえて凶悪事件を起こす者に、容赦する必要
があるのでしょうか。



殺人事件の時効が亡くなっています。でも、殺人事件はなくなりません。

死刑を廃止したなら、殺人事件が減るとでも考えておられますか。む
しろ増える可能性のほうが大きくありませんか。

刑罰の目的は、とくに死刑制度は、犯罪抑止力のために存在しており
ます。

また、遺族のための代理報復の役割もあるのです。



もしも死刑制度を廃止したなら、遺族による私刑が横行するようになる
可能性を否定できないでしょう。

裁判員制度で危惧されるのは、裁判員の全員が死刑廃止論者だった
場合です。何十人をも殺害した犯人でも、死刑判決にはしないのです
かね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 23:18| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月07日

水道の民営化だなんて

麻生財務大臣が、全国自治体の水道事業が赤字なのを受けて、
民営化するのが妥当との意見を述べました。

あれっ、やっぱりこの人は何かズレていますね。



水を売ること自体は、官も民もありません。すでにペットボトルの
水はスーパーやコンビニで販売されているのです。

それに、これだけの膨大なインフラの維持を、民間会社が可能
かといえば、ノーでしょう。

採算を重視するあまり、安全性が犠牲にされる恐れもあります。



赤字のものは何でも民営というなら、国会も政府も民営にしたほ
うがいいでしょう。

日本には世界に冠たる企業がたくさんあります。それらの経営陣
に国政を任せたほうが、今よりずっとマシな気がしませんか。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 16:36| Comment(2) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月06日

オウム事件のけじめ

オウム真理教の麻原死刑囚など七人に、本日死刑が執行され
ました。地下鉄サリン事件から20年以上も経っての執行です。

死刑執行の直後には、後継団体のアレフやひかりの輪などが
公安調査庁から立ち入り調査を受けました。



死刑の執行を命じた法務大臣には、その勇気を称えたいと思い
ますが、死刑判決間確定から今日まで、あまりにも時がたちすぎ
ましたね。

事件のことが風化してしまって、若い方たちには何のことやらよく
わらないままなのではないでしょうか。



もちろん、大量殺戮化学兵器などを作ってはなりませんし、使用
するなんてもってのほかなのですが、国内最大のテロ事件として
忘れてはならないと思います。

あれから20余年。

被害者のご家族たちは、どんな思いで死刑執行のニュースを捉え
たのでしょうか。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 23:02| Comment(2) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月05日

西野監督の人気満了

ロシアのワールドカップでは、日本代表チームが思いの外活躍
いたしましね。

ハリルホジッチ氏から急遽監督を引き継いだ西野朗氏の手腕
は、本物だったようです。



しかし、帰国と同時に、なぜか任期満了だとか。

日本サッカー協会でも、とくに慰留するつもりはないそうで、何
やらスッキリしない展開ですね。

ハリルホジッチ氏の突然の解任劇から続いているモヤモヤした
ものは、一度国民に説明する義務があるでしょう。



それに、次の監督はまだ候補の段階でもなさそうでして、日本の
活躍を見た世界の指導者たちが名乗りを上げてくれるとでも考え
ているのでしょうか。

だとするなら、やや甘い考え方ですね。

日本人の体格と運動能力は、欧米ほど大きくはないし、南米ほど
俊敏でもありません。

そこのところをちゃんと理解してくれる監督を探してほしいもの。

4年後もまた楽しませてほしいのです。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 23:17| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月04日

本気の経済支援で北朝鮮は崩壊する

核廃棄の見返りに、北朝鮮は大きな経済支援を望んでいると伝え
られております。

しかし、金正恩委員長の内心では、外資の流入による統制の乱れ
を懸念しているに違いなく、経済支援の規模によっては、金王朝の
崩壊もあり得るのです。



数億円程度の支援ならともかく、それ以上の高額になりますと、ま
た核やミサイル開発に使われるのではないかという心配から、事
業体の進出という形が採用されるでしょうね。

たとえば、日本の自動車や家電の工場を北朝鮮内に作って、給与
という形での支援となります。

ところが、こういう外資系の企業が日米と他からも入ってきますと、
自然と今まで禁じてきた韓流やその他の文化に国民を触れさせる
ことになります。

つまり、アメリカや韓国の国民生活はもっと悪い、と国民をなだめ
てきた嘘が発覚してしまいますから、大規模な経済支援は痛し痒し
といったところなのです。



かといって、金品のみを進呈するという方法は、アメリカも日本も、
北朝鮮は信用できないので採用できません。

要するに、北朝鮮の現体制は、このまま経済制裁を続けても経済
支援を行なっても、崩壊するしかないのです。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 22:15| Comment(0) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月03日

パス回し批判が敗戦につながったのか

ベルギー戦、惜しかったですね。2点もリードしていただけに、逆転
負けというのは予想しにくかったろうと思います。

せめて、1点差に追いつかれたあとは、守備固めという作戦もあっ
たでしょうに、パス回しを批判された西野監督としては、採用しず
らい作戦だったのでしょうか。



ベルギーの1点目は、ヘディングがスルスルとゴールへ入ってしまっ
たという感じでして、シュートを狙ったものではありませんでした。

しかし、GPの川島選手が、充分な滞空時間があったボールに反応
できず、ゴールを許してしまったのは、やはり試合感覚が完全に戻
り切っていなかったからでしょう。



もうひとつのポイントは、最後のカウンター攻撃を食らう直前のCK
です。

すでに残り1分を切っていたのですから、キッカーの本田選手は、
ショートコーナーからパス回しにして、とりあえず延長線へと図るべ
きだったでしょう。

しかし、ここでも、前試合のパス回し批判が頭にあったのか、当然
の戦術は採用されずに、トドメのカウンターを食らいました。



ともあれ、世界で3番目に強いベルギーをここまで追い詰めたので
すから、日本も強くなったものですね。

でも、ブラジルと対戦する姿を見てみたかった。。。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 13:44| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月02日

13人の生存確認

タイの洞窟で安否が心配されていた13人のサッカー少年たちは、9
日間も耐えながら生存していることが確認されました。

雨季による豪雨で洞窟内の探索が進まない中、それでも生存を信じ
て捜索を続行したスタッフたちの決断には頭が下がりますね。



こういう事件は、じつは他人事ではありません。

どこにでもあるピクニックコースでも、天候の急変によって遭難する
という事件が日本でも頻繁に起きております。

とくに山のピクニックコースは、方角や分岐路で迷うことがあります
し、濃い霧のために普段の感覚が失われるのは、コースを熟知して
いるベテランでも起こり得ることなのです。



遭難した場合の生存確率を高めるには、飲料とスナック菓子などを
余分に持って出かけることでしょう。

また、雨具は必須でして、夜に備えた懐中電灯などがあれば安心
でしょう。

ともあれ、全員無事でよかった。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 23:11| Comment(0) | ニュース 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月01日

ドライブスルーに思うこと

最近はやたらとドライブスルーが増えてきました。車から降りずとも、
そのまま注文品を持ち帰れるというサービスですね。

ファーストフード店だけかと思ったら、調剤薬局なんかでもドライブ
スルーになっているので驚きました。



障害者や怪我人ならともかく、若い人のドライブスルー利用はどう
なのでしょうか。

車から降りて店内へ行くっていうだけで、手間だと感じるのでしょう
かね。それとも、最近のトレンドとして、意味もなくドライブスルーを
利用しているだけなのでしょうか。



一方、調剤薬局のほうですが、法律的に言いますとギリギリです。

薬剤師が顧客と面談した上で薬を渡すのが決まりですから、全身
が見えず健康状態を把握できないドライブスルーはグレーゾーン
でしょう。



そのうちに、ドライブスルー専門のお店が出現しそうな予感がしま
す。店舗の内装に経費を使わずとも、ある程度広い駐車スペース
があればいいのですからね。

現に、車に乗ったまま鑑賞できる映画があるそうです。

とはいえ、若者の車離れも顕著になってきていますから、ドライブ
スルーが万能とまでにはならないかもしれません。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 23:51| Comment(0) | 社会現象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする