2018年07月01日

ドライブスルーに思うこと

最近はやたらとドライブスルーが増えてきました。車から降りずとも、
そのまま注文品を持ち帰れるというサービスですね。

ファーストフード店だけかと思ったら、調剤薬局なんかでもドライブ
スルーになっているので驚きました。



障害者や怪我人ならともかく、若い人のドライブスルー利用はどう
なのでしょうか。

車から降りて店内へ行くっていうだけで、手間だと感じるのでしょう
かね。それとも、最近のトレンドとして、意味もなくドライブスルーを
利用しているだけなのでしょうか。



一方、調剤薬局のほうですが、法律的に言いますとギリギリです。

薬剤師が顧客と面談した上で薬を渡すのが決まりですから、全身
が見えず健康状態を把握できないドライブスルーはグレーゾーン
でしょう。



そのうちに、ドライブスルー専門のお店が出現しそうな予感がしま
す。店舗の内装に経費を使わずとも、ある程度広い駐車スペース
があればいいのですからね。

現に、車に乗ったまま鑑賞できる映画があるそうです。

とはいえ、若者の車離れも顕著になってきていますから、ドライブ
スルーが万能とまでにはならないかもしれません。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 23:51| Comment(0) | 社会現象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする