2018年07月04日

本気の経済支援で北朝鮮は崩壊する

核廃棄の見返りに、北朝鮮は大きな経済支援を望んでいると伝え
られております。

しかし、金正恩委員長の内心では、外資の流入による統制の乱れ
を懸念しているに違いなく、経済支援の規模によっては、金王朝の
崩壊もあり得るのです。



数億円程度の支援ならともかく、それ以上の高額になりますと、ま
た核やミサイル開発に使われるのではないかという心配から、事
業体の進出という形が採用されるでしょうね。

たとえば、日本の自動車や家電の工場を北朝鮮内に作って、給与
という形での支援となります。

ところが、こういう外資系の企業が日米と他からも入ってきますと、
自然と今まで禁じてきた韓流やその他の文化に国民を触れさせる
ことになります。

つまり、アメリカや韓国の国民生活はもっと悪い、と国民をなだめ
てきた嘘が発覚してしまいますから、大規模な経済支援は痛し痒し
といったところなのです。



かといって、金品のみを進呈するという方法は、アメリカも日本も、
北朝鮮は信用できないので採用できません。

要するに、北朝鮮の現体制は、このまま経済制裁を続けても経済
支援を行なっても、崩壊するしかないのです。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 22:15| Comment(0) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする