2018年07月11日

なぜ議員を増やすのか

一票の格差問題を解消するため、各党が知恵を絞って取り組んで
おりますが、もちろん、党利党略とは無縁ではありません。

ところが、自民党の参議院案では、なんと議席数が6も増えている
のですから、消費増税を決定した際の身を切る改革はどこへ行っ
たのでしょうかね。



参議院の不要論まで囁かれている今、議員数の増は論外です。

しかも、人口が確実に減り始めているのですから、定数減の方向
で調整するのが常識でしょう。

どのような区割りで6人増なのかまでは知りませんが、増と聞いた
だけで検討するには値いしませんよね。



それとも、参議院はボランティアでやってくれませんかね。

議会制民主主義発祥のイギリスでは、国会も地方も議員はすべ
てボランティア同然の報酬だとか。

見習うところは見習いましょうよ。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 23:55| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする