2018年07月27日

サマータイム

こうも暑い日がつづきますと、日本でもサマータイムを実施した
ほうがいいのではないかと思いませんか。

しかも、欧米のような一時間早めるなんて程度ではなくて、昼
と夜を逆転させるくらいにしたほうが、グローバルという意味で
も都合がいいでしょう。



とくに外仕事の人たちは、太陽が照りつける中での作業には
とんでもなく体力を消耗します。

また、昼間のオフィスでも、夜間の仕事ならエアコンの電気代
はかなり節約できるでしょう。

しかも、アメリカなどの時間と同じにすれば、グローバル企業
にとって最適な営業時間となります。



もちろん、不都合だって出てくるでしょう。

でも、本当の働き方改革というのは、もっとも快適な環境で働く
ことではないでしょうか。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



posted by 子竜 螢 at 23:18| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。