2018年08月06日

五輪サマータイムの愚かさ

どうしていつも姑息な手を考えるのでしょうかね。東京オリンピック
の前年と当年だけに限って、2時間早めるサマータイムを導入しよ
うかと検討しているらしいのです。

やるなら恒久的なものにしませんと、オリンピックに関係のない企
業などが迷惑を受けるのです。



なぜオリンピックに限定したのかといえば、マラソン競技を朝の5
時スタートにしたいためです。

これは熱中症の予防策としては非常にいいことなのですが、ただ
し、そんな時間に電車が動いていないので観客が集まらない。

そのための苦肉の策なのでしょう。

しかし、地下鉄に臨時列車を運航してもらえば済む話であって、何
も日本全国をオリンピックのためだけにサマータイムにする必要は
ありません。



先日の記事でも述べましたが、サマータイムを導入するなら恒久的
でなくてはならず、昼夜逆転の12時間が理想です。

今、いろんなシステムがIT化されていますから、2年間限定などとい
うのは、民間にとって迷惑でしかないのです。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



posted by 子竜 螢 at 23:42| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。