2018年09月07日

北海道広域停電の理由

最大深度7という北海道の地震でほぼ全道が停電いたし
ました。

しかし、そんなに生ぬるいインフラだったのかと調べて
みますと、原発推進派による手抜きとしか思えない政策
があったのです。



直接の原因としては、全道のおよそ半分の電力を一箇所
しかない火力発電所が賄っていたことでした。

が、なぜ火力発電所が増設されていないのかといえば、
泊原発を再稼働させたいが故だったのでしょう。

でも、今回の地震の前に泊原発が再稼働していれば、大
きな事故につながった可能性があります。

いや、あくまでも可能性ではありますが、言いたいこと
は、リスク分散するような電力政策をなぜやっていない
のかという点です。



たしかに原発は、トラブルさえなければ夢のエネルギー
源でしょう。

ところが、こうした大きな地震がありますと強制的に停
止装置が作動したり、外部電源が失われることだってあ
るのです。

火力発電所の増設はもちろんのこと、再生エネルギー発
電なども混在させて、万一のときのリスク分散をすべき
ではなかったでしょうか。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 23:56| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする