2018年09月19日

国語力を伸ばすには

お盆に甥っ子の家へ遊びに行ったとき、甥っ子から娘の
国語力をアップする方法を尋ねられました。

そのときには読書がもっとも効果的などと答えたのです
が、読書だけでは国語力は身に付きません。



国語力とは、相手の話の内容を正しく把握して理解する
能力と、こちらのメッセージが正しい意味で相手に理解
される能力の総合です。

読書は有力な方法ではありますが、こちらの意図を相手
に伝える能力は養えませんよね。

むしろ、こちらの意図を正確に伝えることのほうが難し
く、友好な勉強法は世に広まっておりません。



最近、語彙に関する書籍が人気のようです。意図を正確
に伝える手段として有効ですからね。

とはいえ、滅多に使わない語彙ですと覚えられないまま
でしょうから、積極的に使用しなければなりません。

その方法として、小説を書いてみるのがもっとも優れた
勉強法だと思います。

読書が大好きな人でも、書くとなると結構苦戦します。

なぜなら、相手からこちらへの一方的な伝達能力だけが
鍛えられているからですね。



小説真書き方がわからない人は、是非、下記のマニュア
ルを参照していただきたいと思います。

入門者からプロまで、幅広く奥深く解説しておりますよ。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



posted by 子竜 螢 at 15:49| Comment(0) | 教育 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。