2018年10月05日

艦艇派遣を取りやめる

11日から韓国済州島で行なわれる予定の国際観艦式に、
海上自衛隊は艦艇の派遣を取りやめることになりました。

理由は、旭日旗が軍国主義の象徴だから自粛してほしい
との申し入れが韓国側からあったためでして、国際法的
にも日本の艦艇を意味する外部標識の旗を外せないこと
から、派遣取りやめになったものです。



旭日旗がなぜ軍国主義の象徴と捉えられるのかは知りま
せんが、大戦中は日本の一部であった韓国が、あたかも
戦勝国であったかのような意見を述べるのはおかしいで
しょう。

いや、韓国人に旗に対する敬意などがないことは、建国
記念日に大極旗を掲げる習慣がないことからもわかりま
す。

なんでもいいから日本に反対ばかりすればいい、と学校
教育でも教えられているようですし、日本独自のもので
も韓国起源説を唱えるなど、反日は行き過ぎですね。



旭日旗は、自衛隊法で民間船舶との区別を容易にするた
めに掲揚が義務付けされております。

また、国際法でも日本の軍艦だと識別するための標識と
して、旭日旗が認知されているのですから、韓国側の要
望は絶対に呑めません。

万一北朝鮮軍が南下をしてきたとき、もしくは韓国で大
きなさ以外が発生したとき、日本の自衛隊は救援できな
いことをあらためて認識いたしました。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 20:50| Comment(0) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする