2018年10月06日

東京五輪に3兆円

会計検査院の発表によりますと、2020年東京オリンピック
とパラリンピックの必要経費が3兆円を超えるのが確実だと
いう。

招致したときには7000億円で安上がりの大会を目指すとい
うものだたはずなのに、なぜ大幅な食い違いが生じたので
しょうか。



昨年あたりに1兆5000億円と発表され、それですらも批判
が強かったのに、今回の発表ではさらに2倍なのです。

もちろん、東京都だけが負担するわけではなくて、国庫か
らの補助が大半を占めることになるのでしょう。



いや、これでも13の関連事業を中止しての結果ですので、
本来は4兆円規模だったのかもしれません。

これだけの予算があれば、保育士も介護士も大幅な給与
アップができるでしょうし、災害復興が急速に進むのでは
ないかと思われます。

こんなに費用がかかるイベントを、なぜ招致したのか疑問
ですね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 23:33| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする