2018年10月25日

ドラフト会議

本日はプロ野球ドラフト会議の日です。プロ志望届けを
提出している選手たちは、今頃どんな気持ちなのでしょ
うか。

個人的にはドラフトという制度には反対でして、選手の
行きたいチームへ入れてあげたいと思っております。



ドラフトで1位指名された選手が必ずしも活躍してくれる
わけではありません。

むしろ、ドラフト外で入団した選手が大バケする場合と
て少なくないのです。



ドラフト制度は、一定のチームに優れた選手が集中する
のを防ぐために導入されております。

そして、選手が好きな球団を選択移籍できるよう、フリ
ーエージェント制度もあります。

とはいえ、本当に優れた選手がメジャーへ行ってしまう
ので、日本のプロ野球そのものが面白くなくなっていま
すよね。

何か活性化する方法はないものでしょうか。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

バイナリーコンクエスト
http://shiryukei.sakura.ne.jp/binaryconquest/bo

posted by 子竜 螢 at 16:06| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする