2018年12月06日

各国がファーウェイ技術を締め出しへ

ファーウェイという中国の通信企業大手が、各国から技術
の締め出しを受け始めているという。

先日も、幹部がカナダで逮捕され、イランなどへの制裁違
反に問われているのです。



もっとも、各国が締め出し始めたのは5G通信にかかわるも
のでして、今後は一切採用されない可能性もあります。

が、なぜ大容量の通信が締め出されるのかと言えば、未知
なる陰の機能やプログラミングのぜいでしょう。

通信システムというものは、居場所を特定できたり内容の
解読までできたりします。

西側諸国にとっては、スパイされるリスクが高すぎる。

しかし、こういう民間レベルの問題にも政府が介入してく
るところが中国でして、だからこそスパイされるリスクを
恐れなくてはならないのです。



一帯一路構想からの離脱国も増えておりますので、中国と
いう国は、未成熟のまま経済大国になったツケが今から押
し寄せて来るのでしょう。

そして、大幅な人民元の切り上げをしませんと、さらなる
国債信用力の低下を招くことでしょう。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

バイナリーコンクエスト
http://shiryukei.sakura.ne.jp/binaryconquest/bo



posted by 子竜 螢 at 13:33| Comment(0) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。