2018年12月14日

空母化が正式決定

護衛艦「いずも」が多用途運用護衛艦という分類にされ
事実上の空母化が決定しました。

同型艦の「かが」と合わせ、F36Bステルス戦闘機を30機
ほど運用できるので、離島防衛には力を発揮してくれそ
うですね。



空母は攻撃的な兵器と認識されているので、憲法上、空
母に分類するわけにはいかなかったのでしょう。

しかし、建造時から誰が見ても空母形状でしたので、驚
くほどまことではありません。

垂直昇降機の廃熱に耐えられるよう、飛行甲板の改装と
格納庫などの拡張工事が必要です。



日本が空母を持つ必要性はもうひとつあります。

巡航ミサイルの攻撃によって航空基地が使用不能になる
ことを想定したとき、空母の艦載機が日本の空を守って
くれるのです。

ですので、もっと大型の本格的な空母をあと2隻はほしい
ところですね。

キャピタルゲイン課税をほんの少し見直せば、実現できま
すし維持も容易なのですが。。。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

バイナリーコンクエスト
http://shiryukei.sakura.ne.jp/binaryconquest/bo



posted by 子竜 螢 at 14:57| Comment(2) | 軍事防衛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。