2018年12月20日

悪徳業者ではない

一昨日の記事で、消費増税のキャッシュレス決済において、
ポイント還元で大儲けできてしまうと述べました。

同じような意見がネット上で数多く出てきましたから、世
の中には同じことを考える人がいるものだなと感心しまし
たね。



ただ、意見主張として異なるのは、そういう行為をする事
業者を、悪徳、と決め付けている点です。

制度として採用された行為を繰り返すのが、なぜ悪徳にな
るのでしょうか。

利用されて困るなら制度の欠陥であって、利用者を非難す
るのは間違いでしょう。



一昨日の記事で訂正するところがあるとすれば、不動産や
車の売買では他の税が課税されますので、転売は得になり
ません。

書画骨董などの美術品ならいかような値段でも付けられま
すから、還元ポイントで大儲けできるでしょう。

なので、こういう馬鹿げた政策はやめたほうがいい。低所
得者対策にもなっておりません。

低所得者はクレジットカードを持てませんし、キャッシュ
レス決済の手段がほとんどないのです。

給付金でやるのが一番ですが、そこまでして増税する意義
が感じられないのです。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

バイナリーコンクエスト
http://shiryukei.sakura.ne.jp/binaryconquest/bo

posted by 子竜 螢 at 10:39| Comment(0) | 税金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする