2018年12月30日

来年を大胆に予想してみる

今年もあと二日となりました。もう今年のことよりも
来年がどんな年になるのだろうかと気になりかけてお
ります。

そこで、少しばかり予想してみようと思います。



まず、政局ですが、しっかりとした野党が出現しない
ようですから、安倍政権が揺らぐことはなさそうです。

まあ、国政選挙で他に選択肢がないので、渋々自民党
の議員に投票する人は多いのでしょうね。



経済面では、そろそろ中国経済の衰退が表面化してく
る頃ですし、韓国への経済制裁なんてことが現実とな
りますと、やや翳りが見えてくるかもしれません。

が、平成の終わりを迎えるのと消費増税の是非によっ
て、それ以上の混乱を招く恐れも出てきます。

外国人労働者の受け入れで、賃金が伸び悩んだり中高
年労働者のリストラが始まるかもしれません。



なんだか暗い時代に突入する感じではありますが、北
方領土交渉が二島返還でまとまる可能性もありますし、
アメリカに惨敗した中国からの圧力が激減する傾向に
なるでしょう。

北朝鮮もアメリカに対する核廃棄の姿勢を明確にしな
くてはならない時期ですから、日本との融和を図って
くるかもしれませんね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

バイナリーコンクエスト
http://shiryukei.sakura.ne.jp/binaryconquest/bo



posted by 子竜 螢 at 23:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。