2019年01月09日

レーダー照射問題の本質

自衛隊の哨戒機が日本の排他的経済水域で韓国の駆逐艦
からレーダー照射を受けた事件で、韓国側の言い分が二
転三転しております。

最初は北朝鮮の遭難した漁船を捜索するため照射してい
たところ、たまたま自衛隊機が範囲に入ってきたという
ものでしたが、後になって、照射そのものを行なってい
ないと言い出しましたね。



この問題の本質は、レーダー照射を行なったかどうかで
はなくて、本当は何をしていたのか、という点です。

回答が二転三転しているのは、何かやましいことを行なっ
ていたからなのです。

そして、自衛隊の哨戒機に見つかってしまったので、レ
ーダー照射の威嚇にて追い払おうとしたに違いありません。



そもそも、北朝鮮の漁船が遭難した現場に、なぜ韓国海
軍が出動しているのでしょうか。

しかも、北朝鮮の船からは救難信号は発せられていない
のに、ピンポイントで発見していますよね。

さらには、日本の海域なのですから、日本にも救助要請
をすべきところでしょう。

双方の動画からは、北朝鮮の船が遭難していたとは思え
ません。あたかも、韓国の駆逐艦に護衛されて違法漁業
をしているようにしか見えないのです。

だとすると、国連決議の制裁違反ですね。



漁船の違法操業ならまだしも、韓国海軍が瀬どりに手を
課していたのではないかとの疑いも浮上してきます。

背どりというのは、北朝鮮への輸出を直接できないので
洋上で積荷を積み替えることです。

とにかく、他国の漁船の捜索に、駆逐艦の出動だなんて
不自然すぎますね。

本当は何をしていたのか、追求すべきでしょう。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

バイナリーコンクエスト
http://shiryukei.sakura.ne.jp/binaryconquest/bo



posted by 子竜 螢 at 13:30| Comment(0) | 軍事防衛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。