2019年01月28日

老人の年金額への誤解

ツイッター上にある老人の年金額がアップされてから、
ネット上では若者たちが受けた意外さを物語る意見が
数多くみられるようになりました。

どうやら、とくに子育て世代の若い方たちは、老人世
代が受け取っている年金額に羨望しかなかったような
のです。



近い将来に年金制度は破綻する、といわれていたせい
なのか、若い世代で国民年金保険料を支払わない人が
多いようですね。

そして、一番辛い思いをしているのが、経済的に大変
な子育て世代ですので、働かないで年金生活を送って
いる老人世代が優雅に見えてしまうようです。



しかし、現実にはそんなに甘くはありません。

年金がようやく支給されるようになった子竜が社会に
初めて出た頃は、高度成長時代の最終期間でして、初
任給は4万円ほどでした。

子竜よりも上の団塊の世代と呼ばれる人たちは、もっ
と低い賃金からスタートしておりますので、年金保険
料もずっと低額だったのです。

すなわち、掛金のトータルでみますと、今の世代のほ
うが圧倒的に多いわけでして、将来に支給される額も
当然かなりのアップとなります。



ツイッターにアップされた老人の支給額をみますと、
月額で5万7000円しかありません。

介護保険料が2500円差し引かれていますから、手取り
は5万4500円。

独居老人ですと、家賃を払った後にはいくらも残らな
い生活が待っております。

で、この老人は特別なのかといえば、平均よりもやや
少な目ではありますが、40年間満額払ってきたとして
も、月額6万5000円にしかならないのです。



どうしてこんなことになっているのかといえば、消費
増税が別の目的に消費されていることと、少子化によ
る年金保険料徴収の減少です。

いいえ、少子化が将来にわたって続くと考えられてい
るからこそ消費税を福祉目的税と定めたはずなのに、
増税後とにほぼ同じ額が事業税の減税に使われてきた
のです。



老人世代は決して裕福ではありません。

裕福な老人とは、年金の額とは関係なく、現役時代の
給与や商売での儲けが大きかった人たちでして、老人
全体の2割程度でしょうね。

あるいは、先祖から受け継いだ田畑が都市計画によっ
て高く売れたという人に限られています。

年金の受給額が多いからではないのです。



老後も安心して暮らせるよう、バイナリーコンクエス
トで、1000円からの投資を始めてみませんか。

ちゃんとした投資手法を知っていることも、財産の内
ではないでしょうか。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

バイナリーコンクエスト
http://shiryukei.sakura.ne.jp/binaryconquest/bo

posted by 子竜 螢 at 14:52| Comment(0) | 年金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする