2019年02月03日

節分の恵方巻き

世の中には絶対にやりたくない職業というものがあり
ます。

もちろん、人それぞれによって違うでしょうけれど、
子竜は運転教習所の教官にだけはなりたくないですね。

毎日寿命が縮む思いをさせられますから。



もうひとつ、節分の時期にコンビニでバイトはしたく
ありません。

なぜなら、恵方巻きのノルマが課せられるからです。

恵方巻きに限らず、クリスマスケーキやおせち料理な
ど、フランチャイズ本部からのノルマが大変だそうで
して、バイトの人にも割り振られるのは仕方の無いこ
とと受け止められているようです。



子竜は子供の頃から恵方巻きなる文化には接してきま
せんでした。

知ったのはここ10年ほどのことでして、関西出身の友
人ができたことがきっかけとなっております。

一部の地方の風習を全国に広めようとするのは、成功
した先例としてバレンタインチョコがあるからなので
しょうね。

ただし、チョコは日が過ぎても腐りませんが、さすが
に海苔巻きは即売しないといけません。



旧暦では節分は年に4回あったそうでして、その名の
とおり季節の分かれ目に一日ずつ、どの月にも属さな
い特別な日だったそうです。

豆まきにも地方ごとの違いがあるようでして、ある神
社では「鬼は内」と言うそうですね。

人々のところへ鬼が行かないよう、神社が鬼を引き受
けるのだといいます。

まあ、鬼役になるお父さんは大変ですね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

バイナリーコンクエスト
http://shiryukei.sakura.ne.jp/binaryconquest/bo



posted by 子竜 螢 at 12:31| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。