2019年03月06日

原発事故と交通事故

本当に残念なことなのですが、原発推進派の人々はなぜか
原発の事故と交通事故とを同じ程度のごとく論じています。

原発は危険だから廃止しようと言っているだけなのに、車
も事故を起こすから危険である、と、、、



原発の事故と交通事故の規模を同一視できるわけがありま
せん。

交通事故はあくまでも当事者だけの範囲でして、巻き込ま
れる人がいるにせよ、限られた範囲です。

一方、原発の事故は福島の例でもわかるように、何万人も
が長期間にわたって避難することになりますし、解決の費
用だって膨大なものになるのです。

どうして同一視できるでしょうか。



世の中には確かに危険なものは多いです。100パーセント
安全というものはそれこそ100パーセント存在しません。

しかし、危険性を承知の上で使うなら、万一のときの被害
規模を想定しておかなくてはならないでしょう。

想定した結果、広範囲にわたって長期間居住できなくなる
ような被害であるなら、使用を中止すべきなのです。

また、過去に大きな津波が何回も押し寄せていた地域に建
設したこと自体への反省も、忘れてはなりません。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

バイナリーコンクエスト
http://shiryukei.sakura.ne.jp/binaryconquest/bo

posted by 子竜 螢 at 23:52| Comment(0) | 社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする