2019年03月13日

タイムリミットは近いのですが

10月に実施される予定の消費増税に関しまして、政府は
あらためて実施の方向でコメントしております。

が、実施か延期かを最終的に決定できるのは、今月末の
決算状況を見てからの判断となるのでしょう。



判断の材料となる決算状況とは、国、地方、上場企業な
どの決算状況です。

また、不正のあった毎月雇用統計の修正版も確認してみ
ませんと、増税後の影響を予測することができません。



しかし、増税とセットとなる軽減税率や、ポイント還元
などの愚策についてもそのまま実施するようですね。

いや、愚策だと認識していないところが恐いのでして、
ポイント還元でいくらでも利益を生み出せる裏技が存在
する以上、増税しても実質的な税収はマイナスにしかな
りません。

なぜ修正が検討されないのでしょうか。



一方、増税延期を叫ぶ野党ですが、消費税廃止と叫ぶ党
がいないのには残念な思いをしております。

所得税の累進とぜいたく品への物品税復活、キャピタル
ゲインの累進化とで、消費税など必要なくなるというの
にです。



以前にも申し上げました。

増税して為政を成すのは誰にでもできることです。

増税せずにやりくりしてみせてこそ、一流の政治家では
ないでしょうか。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

バイナリーコンクエスト
http://shiryukei.sakura.ne.jp/binaryconquest/bo

posted by 子竜 螢 at 23:52| Comment(0) | 税金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする