2019年03月16日

仮想通貨が暗号資産に

ビットコインに代表される仮想通貨が、暗号資産という
名称に統一されることとなりました。

中間を取って暗号通貨などとも呼ばれたりしたのですが、
G20などで使用している国際的な呼び名に統一しようと
いうものです。



そもそも、決済用の通貨としての役割よりも投資目的の
対象となり始めた頃から、通貨としての信任が得られな
くなってきました。

システムの弱点を突いた盗難事件が何度もあったりして、
信任を得られないまま、今日があります。

通貨の信任というのは、たとえば、昔は金貨だったのは
金にそれだけの価値があったからでして、紙の札でも価
値が不変となるには、発行している国の信用度に左右さ
れます。

紙切れそのものの価値なんてほとんどありませんからね。



で、暗号資産となったなら、何が変わるかといえば、決
済面での使用がさらに減るだろうと予想できます。

つまり、今よりも投資の目的が強くなるだろうというこ
とです。

ただし、発行管理している会社の信用度がこれまで以上
に重視されますから、よく調べてから参入するようにし
ましょう。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

バイナリーコンクエスト
http://shiryukei.sakura.ne.jp/binaryconquest/bo

posted by 子竜 螢 at 23:32| Comment(0) | マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする