2019年04月01日

新元号「令和」とは

5月1日からの新元号が令和と発表されました。7人の
選定委員のうち5人が賛成し、残りの二人もかすんなり
同意したと伝えられております。

が、世の中の反応はさまざまでして、まだ馴染めない
という理由以外にも意見はあるようです。



もっとも違和感を感じる部分は、命令、という印象が
強いからではないでしょうか。

そして、昭和で使い古された感じの、和、とでは、な
にか新鮮さを感じられないのでしょう。



今回は初のこととして、中国の古典からではなく万葉
集からだといいます。

が、しきたりを破ったことについても違和感を感じる
という意見は少なくありません。

日本独特のものにしようというなら、中国から輸入し
た元号その者を廃止すべき、という意見もありました。



まあ、慣れるまでは大変でしょうね。昭和から平成に
なったときも、三年ほどかかった覚えがあります。

ただし、残念なことに、東証の上場会社の中で、明治
大正・昭和が付く会社は存在しているのに、平成が一
社もないことです。

非上場では2000社以上あるらしいのですが、これから
上場されることがあるのでしょうか。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

バイナリーコンクエスト
http://shiryukei.sakura.ne.jp/binaryconquest/bo



posted by 子竜 螢 at 23:18| Comment(0) | ニュース 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。