2019年04月15日

消費税率26パーセント?

OECD経済協力機構から、消費税を26パーセントまで
引き上げる必要があると言ってきました。

おまけに、もっと外国人労働者を受け入れたほうがい
いとも。。。



なんだか政府の愚策を国際機関が後押ししているよう
に見えますが、あえて提言してもらうよう依頼したの
ではないでしょうか。

消費税を26パーセントにしようものなら、大多数の国
民は生きていけません。



大幅増税提言の理由として、高齢化と人口減を挙げて
おります。

しかし、人口が減るのは生まれてくる人数よりも亡く
なる人数のほうが多いからなので、高齢者の数が段々
と減っていくことを意味しているはずなのです。

ですので、医療費や年金などの税負担が徐々に減って
いくでしょうから、なぜ大幅消費増税の必要性を唱え
るのかわかりませんね。



また、人口が減りますと生産品やサービスへの需要も
減りますから、店舗や企業が自然淘汰されて減り、そ
の結果、人手不足も解消されていきます。

外国人労働者なんて増やす必要がないわけです。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

バイナリーコンクエスト
http://shiryukei.sakura.ne.jp/binaryconquest/bo



posted by 子竜 螢 at 23:46| Comment(0) | 税金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。