2019年05月01日

令和元年

ご退位なされた両陛下には、お疲れ様でした、と心から
申し上げたいと思います。

これからはゆっくりと静養なさって、また国民の前に元
気なお姿を見せていただきたいですね。



平成から令和になった瞬間、各地でカウントダウンが行
なわれました。まるで新年を迎えたかのような騒ぎでし
たね。

日頃から元号廃止論を叫んでいる人も、この熱気には負
けたのではないでしょうか。



令和がどんな時代になるのか、少しだけ予想してみます。

ネットの情報がますます充実していくでしょうから、知
識による優位性がほとんどなくなります。

つまり、無から有を生み出せる芸術家や特殊な技能者の
地位はそのままですが、学歴がそのまま社会で反映され
ない状況になると思われます。

知識がなくともいつでも引っ張り出せる社会では、行動
力の差がそのまま格差につながるでしょう。

知っているだけでは何にもならず、やってみせられる人
が上に立ちます。



行動を起こすには、平成から令和へと変わった今が良い
きっかけとなるでしょう。

下の二つの案件を、検討してみてはいかがでしょうか。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

バイナリーコンクエスト
http://shiryukei.sakura.ne.jp/binaryconquest/bo

posted by 子竜 螢 at 09:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする