2019年05月21日

グーグルとファーウェイ

グーグルがファーウェイに一部のソフトの提供を中止する
と発表いたしました。

これによって、ファーウェイの通信回線からはグーグルの
検索やGメール、アンドロイドへの通信アクセスができな
くなります。

日本の通信にも大きな影響がありそうなニュースなのです
が、西側諸国ではすでにファーウェイ排除の動きが進んで
おりまして、多分、止まらないのではないかと思われます。



なぜファーウェイがこれほど世界的なバッシングを受けて
いるのかと申しますと、理由は大きな二つに集約されます。

ひとつは、攻撃的な監視システムが組み込まれていたため
でして、通信の内容が直接通話も含めて筒抜けになってい
た可能性が高いこと。

もうひとつは、ファーウェイには中国国家からの資金的な
支援があり、価格などでの国際競争が不当なものであった
ことなどです。

つまり、通信内容が中国という国家に漏れていたと考えて
いいでしょうね。



ただ、ファーウェイがあまりにも巨大な企業にまで成長し
ていましたから、今後3年から5年ほどは信頼できる通信網
を再構築する時間が必要かもしれません。

また、アップルとマイクロソフトもアメリカの企業ですか
ら、近いうちにはファーウェイとの契約を打ち切れば、中
国は国内通信やインターネットの接続にも独自の技術が必
要になるのでしょう。

習近平氏はトランプ大統領を甘く見ていたようですね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

バイナリーコンクエスト
http://shiryukei.sakura.ne.jp/binaryconquest/bo

posted by 子竜 螢 at 22:59| Comment(0) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする