2019年06月03日

一人で死ねよ、は正しい

立川志らく氏が川崎事件の岩崎隆一容疑者に対して言っ
た言葉が、なぜか問題視されていますね。

拡大解釈が過ぎるあまり、NPO法人の代表者などから批
判されたりしていますけれど、発言の何が悪いのかサッ
パリわかりません。



志らく氏と同様の発言はニュースキャスターなど多くの
人が言っていることでして、ネット上で批判している人
たちの反論には、自殺願望のある人全員に向けたものと
捉えている傾向がみられます。

ですが、死ぬときには他人を道連れにするな、と言いた
いのであって、早く死ねよと言っているわけではないと
いうことなのです。

この違いが理解できない人がなんと大勢いることか、と
驚かされましたね。

あくまでも犯罪者に対するメッセージなのですよ。



志らく氏の発言を批判する人は死刑廃止論を述べる人と
共通していますね。

自分の子供が殺されたときにも、同じことが言えるのか。
一人で勝手に死ねという意見を批判しようとするのです
かね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

バイナリーコンクエスト
http://shiryukei.sakura.ne.jp/binaryconquest/bo



posted by 子竜 螢 at 22:23| Comment(0) | 社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。