2019年06月14日

AIに小説は書けるのか

AIが作曲できることはよく知られている事実です。

しかし、現段階のAIでは、プロの作品レベルを求め
るのは非常に難しいですね。



なぜ音楽なら作れるのかと申しますと、音楽とは音
程と音の長さと強弱の組み合わせでしかないので、
いくらでも作れます。

そして、何万、何十万もの作った音楽の中には、ま
あ商売になるもののひとつやふたつはあるでしょう。



でも、小説となりますと、言葉の組み合わせは無限
にありますし、類語もたくさんありますので、音楽
のような片っ端から組み合わせるなんてことでは小
説になりません。

そもそも、ストーリーをどうやって作るのか。

それすら無限な素材があるわけですので、多分不可
能だろうと思います。



ただし、将来にわたっても不可能だと断言するつも
りはありません。

本当に日進月歩のAI分野ですので、来年のことすら
予想できないですね。

まあ、そうなれば失業ですが。。。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

バイナリーコンクエスト
http://shiryukei.sakura.ne.jp/binaryconquest/bo



posted by 子竜 螢 at 23:42| Comment(2) | 先端技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。