2019年06月20日

ヒアリングテストの意義

高校や大学受験の英語科目の中に、ヒアリングという
ものがありますよね。

外国人が喋る英語を聞いた後に、設問に答えるのが一
般的な問題形式なのですが、ずっと疑問に感じていた
ことがあります。



それは、英語独特の発音やイントネーションを生理的
に受け付けない人がいるという事実です。

じつは子竜もその点で悩みまして、ヒアリングの回答
などまったくできない受験生でした。

文章にしてくれればちゃんと理解できるのに、音声に
なると頭が真っ白。

ある脳科学者も言っておりますが、世界中でもっとも
英語を習得しにくいのは、日本人だそうです。

普段、外国人と英会話をする機会がほとんどない学生
が、受験でいきなり英語の喋りを聞かされたとしても
パニック状態にならないとは断言できますまい。

むしろ、国語にこそヒアリングを導入すべきと思いま
すね。



では、なぜ国語のヒアリングテストというものがない
のでしょうか。

一部の私立大学ではあるみたいですが、大半の受験で
は聞いたことがありません。

他人の言うことを理解する、という能力をテストする
のですから、むしろ必須だとは思いませんか。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

バイナリーコンクエスト
http://shiryukei.sakura.ne.jp/binaryconquest/bo

posted by 子竜 螢 at 23:14| Comment(0) | 教育 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする