2019年06月30日

三回目の米朝首脳会談

ちょっと驚きました。G20サミットのさなかに、トラ
ンプ大統領から金正恩氏へ会談を呼びかけたのです。

会談の場所は南北の非武装地帯でしたが、内容そのも
のよりも、会ったということが驚きでした。



ハノイでの交渉が途中で打ち切られたため、両国間に
は冷風が吹き荒れていた感じでした。

北朝鮮は短距離の弾道ミサイル実験をやりましたし、
アメリカはイランに対する軍事発動の気配をみせて、
北朝鮮を牽制していましたよね。



まあ、大統領選挙を見据えたパフォーマンスだったと
は思いますが、金正恩氏のほうは面食らっていたので
はないでしょうか。

つまり、トランプ大統領の意図がわからないまま、ア
メリカのペースに乗せられているわけです。

ですから、これまでのような瀬戸際外交がまったく通
用しませんし、意表を突かれっぱなしで現状打開の方
策が見つからないのでしょう。

いや、唯一、核の完全廃棄だけがハッキリしている方
策でしょうね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

バイナリーコンクエスト
http://shiryukei.sakura.ne.jp/binaryconquest/bo



posted by 子竜 螢 at 23:47| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。