2019年07月17日

韓国擁護論には呆れるばかり

国際問題で日本が何かのアクションを起こしたとき、
決まって日本を悪く言う日本人がいますよね。

今回の韓国への輸出規制でも、韓国と仲良くしない
と日本の将来はない、みたいなブログ記事を目にし
ます。



日本は韓国と仲良くできるかといえば、将来も含め
てノーとしか言えないでしょう。

なにしろ、国際条約を守らない相手ですし、領土を
不法占拠されているのです。



そして、輸出規制といえども、優遇措置を廃止した
だけのことでして、真の輸出規制ではないのです。

むしろ韓国側に国際協定を厳守せよと訴えるべきで
して、なぜ日本側が折れてまで仲良くしなくてはな
らないのでしょうか。

これまでそうしてきた結果が、飽くなき金銭的要求
に繋がってきましたから、一度はキッパリとけじめ
をつけたほうがいいのです。



あたかも日本の措置が行き過ぎで悪いことをしてい
るかのごとく書き立てるのは、公平な見方ではあり
ません。

本来なら、国際条約違反と領土の不法占領は、宣戦
布告をしてもおかしくはない事案だと思いますよ。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

バイナリーコンクエスト
http://shiryukei.sakura.ne.jp/binaryconquest/bo



posted by 子竜 螢 at 10:50| Comment(0) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。