2009年06月18日

英語の授業

中学生の頃、授業をいい加減に聞いていたからでしょうか、英語だけはサッパリわからん、というまま大人になってしまいました。

それから30年以上が経った今になって、苦手なままで人生を終わりたくないと思うようになったのです。

それからは自分のレベルに合った教材探し。英会話のCDセットなんかも高いお金で買ったりもして……。

でも、サッパリわからんのは今も同じ。

ムムッ! どういうことだ!

考えてみれば、中学から大学まで10年も勉強させられるのに、まともにしゃべれる人はほとんどいない。

近々小学校の高学年も英語が必修になるらしいけど、今の英語教育のありかたを見直したほうがよくはありませんかね。

はっきり言いますけど、子竜のダメ英語は、自分のせいなんかじゃありませんからね。
posted by 子竜 螢 at 12:43| Comment(0) | TrackBack(0) | カルチャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック