2009年12月09日

日米開戦にまつわる謎

毎年12月8日を迎えると特集されるのが
旧帝国海軍による真珠湾攻撃です。

山本五十六聯合艦隊司令長官の発案とされて
いる奇襲攻撃ですが、なぜか、この攻撃で
太平洋戦争が始まったと誤解している人が
多いようですね。NHKの特集番組でも
そう言っていましたし、歴史の教科書でも
そう教えていますから不思議です。


太平洋戦争は、実は真珠湾への攻撃の2時間
ほど前
に、帝国陸軍によるイギリス領マレー
半島上陸作戦によって開始
されました。

日本陸軍の動きはアメリカのアジア艦隊から
ホワイトハウスへ通報されていたのですが
なぜか途中でもみ消されたことになっています。


子竜が思いますに、当時のルーズベルト
大統領は、日本側から仕掛けた戦争
ということにしたかったのだと感じます。

真面目な戦史家は子竜たちのような作家
のたわ言とよく言うのですが、2時間の
差という事実は隠しようがありませんし
ちゃんと通報している記録も残っている
のですから、なおさら不思議なのです。


ともあれ、日本人だけでも380万人
が犠牲となりました。戦争など二度と
してはなりませんね。




posted by 子竜 螢 at 08:50| Comment(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。