2009年12月14日

年賀状は必要か?

書くのは面倒だけど、もらってうれしい
のが年賀状ですね。とくにお年玉が当たっ
ていようものなら、その年一年がバラ色
に思えたりしますメモ


だけど、年末のあわただしいときに書かな
くてはならず、書いてしまった後に喪中
葉書が来ることもある。


そもそも、年賀状はなぜ前年のうちに
書くのだろうか
。年が明けてから書く
ほうが理屈に合っているような気が
しませんか。

しかも、元日に年頭の挨拶へ伺う相手
にも出すなんて、なんだか無駄としか
思えませんね。


子竜は年明けてから書くようになりました。
郵便職員さんたちの休みがありますから
到着するのは1月7日頃になるようです。

また、知人のひとりに、2月4日の立春
に出す
人もいます。本当はこちらのほうが
理屈に合っていますよね。


ともあれ、最近ではネット上のブログに
年賀の言葉を載せて、葉書による賀状を
出さない人も増えてきました。

あなたは年賀状をどう思われますか?





posted by 子竜 螢 at 01:39| Comment(2) | 社会現象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
先生!まったく無関係ですが
宇宙戦艦ヤマト復活編を見て参りましたっ!(12月12日)
しかし・・12月16日でも良かった気がするのですが?


ともかく!決して変わらない確固たるヤマトの決意
先生も是非お時間があれば劇場に足を運んではいかがでしょう

興味ない?そんな辛いことを言わないで下さい
Posted by typeyamato at 2009年12月14日 23:23
typeyamatoさん、いつもありがとうございます。

宇宙戦艦ヤマトは子竜の20代青春そのもの
でしたから、懐かしいですね。

忙しくてまだ映画館へは行っていませんが
ぜひ見たいと思っています。

たのしい話題をありがとうございました。
また遊びに来てください。
Posted by 子竜 螢 at 2009年12月15日 05:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。