2009年12月20日

小説とはなんだろう?

小説とは何か?

こんな質問をされたなら、あなたはどう答える
でしょうか。漠然としていて、困りますよね。

ストーリーを文章化したもの?
社会問題や歴史を物語化したもの?


いろんな要素がありすぎて、ひと言では答え
ようがありませんねふらふら


でも、そういうわけのわからないものを
普段から読んでいるあなたは、きっと
潜在意識の中で答えを見つけているのです。


小説の「小」とは、「大」の反対語です。
つまり、大説というものもちゃんと存在
しているのですペン

「大」とは、天下や国家や世界全体のこと。
「小」とは、「大」に比べて小さな存在。
すなわち、人間のことなのですね。



ということは、小説とは人間の生き様を
描いたもの
なのです。

人間の生き様を描くためにストーリーが
存在し、事件を起こす必要があるわけです。


というわけで、今まで抱いておられたイメージ
とは正反対ではなかったでしょうか。

小説を書かない人でも、読書の折には
参考にしてくださいませ本


posted by 子竜 螢 at 01:20| Comment(2) | 小説の書き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
先生!!異空自衛隊3!!
読みました!!!

やっぱり巨艦同士の艦隊決戦は心躍る物がありますねっ!!

天を揺す砲声!海を裂く巨砲!
大艦巨砲主義は男のロマンですねっ!

私宇宙からの電波を受信したのか
ある日落ちた隕石の特殊物質(特殊効果?)が日本を救う
シナリオを思い立ったのですが ありきたりでしょうか?
Posted by typeyamato at 2009年12月20日 19:33
typetamatoさん、いつもコメントありがとうございます。
異空自衛隊にご満足の様子で、ホッとしました。

隕石のアイディアですが、決してありきたりなんかじゃ
ありませんよ。他に例がなかったと思います。

ただ、日本が困っているときにタイミングよく降って
きますと、ブーイングものの作品になってしまいます。

ですから最初は、困っているところへさらに困った
存在として降ってくることにしなくてはいけない
でしょうね。

また面白いアイディアがありましたら教えてください。
Posted by 子竜 螢 at 2009年12月21日 02:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。