2010年03月19日

小説の新しいかたち

最近になって、ブログで自作小説を
発表する方が増えてきました。

携帯電話では書き込みが面倒なので
キーボードで入力できるパソコンに
移ったのでしょう。

そういう意味では、携帯小説の発展
型なのかもしれません。


ただし、それだけに描写の甘さは携帯
小説のままである作品が多いようで、
登場人物の置かれている状況を描写
ではなく説明文で読者に伝えようと
している作品が多いのは残念に思います。


登場人物の外見・心理や今いる場所の
風景など、説明文ではなく描写しないと
読者は想像しにくく、読みづらいと感じ
るものなのです。


説明ではなく描写をしましょう。

作品価値が格段にアップしますよ。


※子竜お勧めの無料で学べるお得な情報集
アフィリ系・ギャンブル系・投資系・美容系など豊富に揃っています
http://blog.livedoor.jp/shiryukei/archives/2009-01.html



posted by 子竜 螢 at 09:20| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。