2010年07月08日

小説を書く

久しぶりに小説の書き方です。

読書好きなひとも、ご参考に、


小説の書き方というと、何か決まりがある
ように考えてしまうものですが、もっと
自由な発想が求められている世界です。

全部が会話だったり手紙文でもかまわない
ですし、電話での会話でも構いません。

また、思念だけの何もない世界でもいいのです。


とくにプロになりたい人は誰かの物まねでは
絶対にダメで、自分なりのスタイルを確立
しなくては採用されませんし長続きしませんね。


要は難しく考えずに発想して、文章そのもの
には細部まで注意を払うという感じでしょうか。


ただし、小説は論文ではありませんから、
自分の考えを押し付ける内容ではいけません。

そんな内容の小説を、どこかで見たような気が。。。


posted by 子竜 螢 at 08:36| Comment(0) | 小説の書き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。