2010年08月09日

原子爆弾投下にまつわる運と不運

長崎の平和祈念の日を迎えました。

今年は核保有国の大使級の人物たち
が参列するとあって、国際的にも
注目されそうです。

この機に、核廃絶へと向かうといいですね。


ところで、広島で被爆した3日後に
長崎で被爆した人が、わかっている
だけでも6名いたとか。

運で片付けられる問題ではありませんが
父の親友で、広島に投下される前日に
軍の命令で東京へ赴任したという人が
いました。


そして、もっと運が良かったのは小倉に
住んでいた人々でしょう。

アメリカ軍の資料によりますと2発目の
目標は小倉だったのです。


小倉は風船爆弾の製造拠点だったために
第一目標に指定されておりました。

ところが、投下当日は小倉が雨雲に覆われて
おり、効果が確認しづらいことから、第二
目標の長崎へ急遽変更されました。


運と不運。

いずれにしても二度と戦争はなりませんし
核兵器の使用も許されません。

あの戦争で亡くなられた方々には、謹んで
ご冥福をお祈り申し上げます。



※北海道グルメ通販
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html




posted by 子竜 螢 at 06:34| Comment(2) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ブログ拝見させてもらいました!
普段こういう事を全然考えてないので…とても考えさせられました。
貴重なご意見ありがとうございます
Posted by 保護動物 at 2010年08月09日 17:23
保護動物さん、ご訪問ありがとうございました。
そして、コメントまでいただきまして、感謝です。

そうですね、戦争による人々の被害は原子爆弾に
とどまらず通常の空襲でも大変だったろうと
思います。

戦争のない世界になってくれるといいですね。
Posted by 子竜 螢 at 2010年08月10日 13:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。