2010年10月25日

地方一括交付金の是非

従来まで使途ごとに交付されていた国
から地方への交付金を一括して交付し
使い道は地方で決める方法が検討されて
います。

たしかに合理的で無駄がないように思え
ますが、問題がないわけではありません。


使途を問わないので交付額はどうしても
人口比率になってしまいますから、都市部
と地方の格差が広がるのではないかと懸念
されているのです。


たとえば、生活保護費の支給基準に差が
出ますと明らかな不公平感が生じますし
住民税の課税額にも優劣が出てきます。

つまり、人口が都市部へ集中する地方の
空洞化に拍車をかけるのではないか、との
問題点が残るのです。


その一方で、税金の無駄遣いは幾分減る
でしょうから、議論は分かれます。


この問題は道州制の導入と同じ性質の
課題でして、地域格差が生じないように
するにはどうしたらよいのか。

誰か名案をお持ちではないでしょうか?



※北海道グルメ・販
美味しくなければ返金します
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





posted by 子竜 螢 at 13:06| Comment(0) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。